2008年09月30日

民主党鳩山、自爆する。ほか

 さて、野党による総理の所信表明演説批判。政府与党に所属する人物が何か発言した(普通の発言でも)り、身を処した(小泉元首相の引退表明など)場合に、批判コメントを垂れ流すのは野党の常套という感がありますが、今回もまたその例にもれません。

 民主党鳩山幹事長「時間に制限のある代表質問で答える責務はまったくない。ただ、失礼なことを言われて黙っていられない部分は(反論を)申し上げたい」「まるで野党党首の代表質問」「これが首相の最初の所信表明なのか。品位が欠けた演説だった。大事なことは一言もなく、寂しく感じた」
 自爆気味です(失笑)。
 品位が欠けた演説だった。大事なことは一言もなく、寂しいとか、失礼なことを言われて黙っていられない部分があるなどと批判しながら、まるで野党党首の代表質問とは、野党の要職にある人物自らが、野党の代表質問は「品位が欠けた演説で、大事なことは一言もない寂しいもので、失礼なことを言っている部分がある」と認めているようなものです。
 まぁ、正直でいいと思いますが(笑)。

 福島瑞穂党首は「国民と少数政党が眼中にない。民主党のせいで国会運営がうまくいかないというのもひどい。自民党政治は終わっている」と発言。
 もっとも、国民は社民党なんて眼中にないし、首相から無視されたのがよほど悔しいのでしょう。なお、先の記事で、民主党が国民生活を第一義的に考えていないことを述べました。
 
 参院民主党の簗瀬進国会対策委員長は所信表明演説を批判し、「参院民主党内では、質問部分の削除を要求し、認められなければ参院本会議を開かないことも含めて検討」(朝日記事)しているそうです。

 質問部分の削除が認められなければ、審議拒否や問責決議とかするんですかねぇ(笑)?

人気ブログランキングへ

参考記事:
【麻生首相所信表明】“逆質問”連発に民主反発「パフォーマンスだ」産経新聞
2008.9.29 19:53
麻生首相演説を酷評=「逆質問」に批判と皮肉−野党各党 時事通信
首相の所信表明「総選挙の事前運動だ」 参院民主が批判 朝日新聞
posted by つるり at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生総理の所信表明演説と党利党略の民主党

民主は「政局第一」、対案を=経済再建へ3段階−強く明るい日本目指す・首相所信 時事通信
 麻生太郎首相は29日午後の衆院本会議で、就任後初の所信表明演説を行った。首相は所信を述べるに当たり、参院で主導権を握る民主党のこれまでの国会対応を「政局を第一義とし、国民の生活を第二義、第三義とする姿勢に終始した」と厳しく批判。同党に対し「合意形成のルールを打ち立てるべきだ」と協議を呼び掛けた。同時に、「喫緊の課題についてのみ主張を述べた上で、民主党との議論に臨むものだ」と強調、対案や党としての見解を示すよう求めた
 首相が所信表明演説などで、野党の考えをただすのは異例だ。政権を懸けた次期衆院選を控え、民主党の小沢一郎代表との政策論争に持ち込むことで、自身の政権担当能力をアピールする狙いとみられる。
 首相は冒頭、日本のあるべき姿として「強く、明るくあらねばならない」と表明。実現のための緊急の課題にまず「日本経済の立て直し」を挙げ、(1)当面は景気対策(2)中期的に財政再建(3)中長期的には改革による経済成長−の3段階で取り組む道筋を示した。特に、景気対策として、2008年度補正予算案の早期成立を訴え、反対する場合は、「論拠と共に代表質問で示してほしい」と民主党に迫った。 
 また、2011年度に国・地方のプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化する政府の財政再建目標について「達成すべく努力する」との表現で、堅持するとしてきた政府の方針を後退させた。規制や税制の改革にも取り組むことで、景気回復へ「3年で脱皮できる」と自信を示した。
 野党が廃止を主張する後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に関して、首相は、説明不足から混乱させたとして「強く反省する」と表明。制度の維持を前提に「1年をめどに見直しを検討する」と約束した。新たに発覚した厚生年金の標準報酬月額が組織的に改ざんされた疑惑などに対しては「手間と暇を惜しまず、確かめ続けていくしか方法はない」と理解を求めるほか、検査で不正を見逃した汚染米転売事件では「幾重にも反省を誓う」と陳謝した。
 一方、外交では、日米同盟強化を第一とした上で、小沢代表が唱える「国連中心主義」に言及し「日米同盟と国連をどう優先劣後させるのか」と指摘。インド洋での給油活動にも触れ「日本が活動から手を引く選択はあり得ない」として、民主党の見解をただした。(了)(2008/09/29-14:47)

 麻生総理の所信表明演説は、非常に力がこもっていて頼りがいのあるリーダーという印象を持ちました。所信表明演説で首相が野党の態度をただしたことは異例だそうですが、異例だからと言って何も批判されるようなことではありません。ひとつのあり方だと思います。

 さて、麻生首相は民主党のこれまでの国会対応を「政局を第一義とし、国民の生活を第二義、第三義とする姿勢に終始した」と厳しく批判しましたが、まさにその通りです。
 衆参のねじれ現象が生じて以降の民主党の国会対応は、党利党略のみで動いているといっても過言ではありません。インド洋での海上自衛隊の活動、日銀総裁・副総裁人事、ガソリン税、後期高齢者医療制度をかつて制度的限界があると指摘した老健制度に戻す法案を提出したなどですが、現在は鳩山幹事長が「代表質問や予算委員会で追及しなければならない」と中山前国交相の任命責任を追及する、などと息巻いています。

 中山国土交通大臣は辞任することになりましたが、中山氏の発言は取り立てて批判すべき内容ではなく、むしろ正鵠を射た発言に近いものでした。TBSのニュースでも中山大臣は「辞めるべき・辞めて当然」と答えた人(48%)と、「辞める必要はない・辞める必要がなかった」と答えた人(45%)が拮抗していました。
 野党が任命責任を追及するような話ではないことは明らかであります。中山前大臣批判、麻生首相追及は、むしろ、日教組を票田とする民主党が支持母体を擁護する口実としているのではないでしょうか。民主党が国民生活を第一義としていないことを如実に物語っています
 
人気ブログランキングへ

参考:
 中山氏は辞任すべきでないとの意見が半数 〜日教組問題が争点化したら困るのは誰か〜アジアの真実

 民主・鳩山幹事長 首相の任命責任を「さらに追及」産経新聞
2008.9.29 11:36
posted by つるり at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

中山大臣の辞任は残念だ。

 「日教組は癌だ」ということは今更ながら指摘するまでもなく自明でありますが、日教組批判が原因で辞任とは非常に残念です。「日教組批判で閣僚が辞任する」という事例ができたことは、日本にとって大きな損害です。

問題とされた中山大臣の発言は、
 1、成田空港の拡張が地元住民の反対などで進まなかった経緯について、反対派らによる「ゴネ得」と述べた。
 2、「日本は随分内向きな、単一民族といいますかね、あんまり世界と(交流が)ないので内向きになりがち」と発言しアイヌのウタリ協会から抗議された。
 3、大分県教委の体たらくなんて日教組(が原因)ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」と発言し、以後日教組批判を展開したこと。
参考・引用
「成田反対ゴネ得」「日本は単一民族」 中山国交相「誤解招く」と撤回 産経新聞
2008.9.26 01:29

1、については以下参照
 「ゴネ得」発言ですが、結果的にそうなっており、何の間違いもない。確かに成田空港の場所の選定などに強引なところは見られた。しかし、あそこまで混乱を長引かせた責任は旧社会党にもあった。

 極左暴力集団と一緒になって、一坪運動などで邪魔をしてきたことは明らかで、そのような結果「ゴネ得」と見られても仕方のない地主もあったことは事実です。
引用:「日教祖は癌(ガン)」で中山成彬国土交通大臣辞任かせと弘幸blog

 三里塚闘争(ウィキペディア)
 
 「ゴネ得」と呼ぶべき十分な理由はあると思います。しかしながら、少々品の悪い言葉を使えば、最終的に三里塚闘争は流れ者の極左過激派連中の自慰行為となり下がりました。「ゴネ得」という言葉をかけるのは「ゴネ得」という言葉に対して失礼な気がします。そういう視座に立脚するならば中山大臣の発言は不適切でしょうか。まぁ屁理屈ですが。

2、について
 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
 Gm遺伝子から探る日本人の起源
 上記参照。
 要するに、アイヌといわゆる大和民族は、遺伝子的な相違はほとんどなく、「単一民族」といえるということです。

3、について
 中山国交省が辞任 〜この辞任劇は現在の日本のガンを象徴している〜アジアの真実
 【中山国交相】よくぞ言った「日教組解体論」【引責辞任】加賀もんのブログ
 オ ピ ニ オ ン ● 男女・人権の4章・5章あたり
 北朝鮮礼賛集
 上記参照。

 まぁ、少々手抜きさせていただきましたが(笑)、上記のとおり中山成彬前国土交通大臣の発言に問題とするところはありません。
 とりわけ、日教組は、過去には日本人拉致という非道な国家犯罪を犯した北朝鮮を礼賛し、学校で開催される入学式や卒業式での国旗掲揚・国歌斉唱に反対し、学習指導要領では国旗掲揚と国歌斉唱を指導するように定められているにもかかわらずです。反対意見を持つだけならば、本人の思想のことをとやかく言いませんが、実際に不起立で処分を受け、裁判に訴え敗訴する図々しい教員もいる始末です。
 また、過激な性教育や、偏った平和教育なども日教組が推進しています。

 さて、大分の教員採用を巡る汚職事件では、県教組が一定の採用枠をもつという証言が出てきました。その採用枠で、「縁故のある受験者が優先的に採用されている」のです。
参照:【大分教員採用汚職】県教組にも採用枠?

 ほかにも、民主党の輿石東議員の出身団体である山梨県教職員組合では、教員採用や昇進で山教組に口利きを依頼し、結果が出たら、票の取りまとめを依頼され、これが山教組の「集票マシーン」となっているとの証言があります。現金のやり取りもあるようです。
教員採用口利き、山梨では集票マシーン

 このように、自分たちのために筋違いの権利を主張したり、不正をしている疑いがもたれる組織ですが、日教組系の北海道教職員組合は、児童・生徒を対象にしたいじめの実態を調査するアンケートを回収することに協力しないよう組合員に指示していました。
生徒の人権は教員の道具か

  教職員、組合員の人権は大事だが、生徒の人権を守るために必要とされることには協力するなと指示する。このような組織を「日教組は癌だ」とは言いえて妙であり、断じて失言ではありません

人気ブログランキングへ 








posted by つるり at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

毎日新聞が談話を「捏造」

「談話捏造」と告訴状提出 毎日記事で飯島元秘書官 産経新聞
2008.9.26 23:22
 小泉純一郎元首相の引退表明に関する毎日新聞の記事をめぐり、元首相秘書官の飯島勲氏が26日、「毎日新聞に発言していない談話を掲載された」として、毎日新聞社や担当記者に対する名誉棄損容疑などの告訴状を警視庁麹町署に提出した。同社は「引退表明数日前の談話を誤って引用した」として、記事中の談話の取り消しを発表した。

 問題になったのは、東京都内などで配られた26日付朝刊に掲載された元首相が引退を表明した背景の解説記事。この中で引退表明の報を聞いた飯島氏が「小泉氏は(サプライズを生む)魔法のつえをなくしてしまった。次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」と周辺に語ったとした。

 飯島氏は「毎日新聞から(取材の)電話も受けていない。捏造(ねつぞう)だ」と発言を否定。これに対して同社は、「飯島氏は引退の報を聞いてこのようなコメントはしていない」と発言の経緯が事実と異なることを認めた

 毎日新聞は、自社が受けてもいないコメントを勝手に紙面に掲載し、訴えられました。毎日新聞は、真偽が疑わしい変態英文記事を世界中に拡散したことに関して神戸の男性から訴訟を起こされていますが、今回のは名誉棄損容疑などの告訴状を警視庁麹町署に提出ということで、刑事事件に発展する可能性もあります。

 取材すらしていないのに、引退の報を聞いて発言したとは立派な捏造です。真偽が疑わしい変態英文記事を世界中に拡散したという不祥事に続き、元総理秘書官が別の場でした発言を、引退の報を聞いて発言したと報道するとは、もはや毎日新聞には報道に従事する者としての倫理観はないと断じざるを得ません

 このように、捏造してはばからない新聞社は廃業してしかるべきでしょう。

 また、真偽が疑わしい変態英文記事を世界中に配信した問題でも新たな不祥事が明らかにされました。
毎日新聞社、英文サイトで32社の記事無断転載し謝罪
 毎日新聞社が英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコーナーに不適切な内容の記事を掲載していた問題に絡み、同社は27日朝刊で、このコーナーで一般記事などを無断利用・翻訳していた新聞社、出版社が32社に上ったとする調査結果を公表、「著作権に対する認識の不徹底を反省し、おわびする」と謝罪した。

 同社によると、記事の無断使用があったのは、読売新聞東京本社が発行する「読売ウイークリー」など。同誌からは70本の記事や見出しが無断で英訳され、同サイトに転載された。2001年4月に同サイトが開設される前の英字紙時代にも、「週刊読売」など読売新聞社発行の複数の雑誌などから計約70本の記事が無断で紙面掲載されていた。

 無断掲載された記事の中には、他社の出版物への転載を許可し、転載料を得ていたものもあるといい、毎日新聞社では現在返還の手続きを進めているという。

 毎日新聞社社長室広報担当は「今後、著作権について社員教育を強化します」としている。

(2008年9月27日10時51分 読売新聞)

 真偽が疑わしい変態英文記事を世界中に配信したという時点で日本という国を故意に貶める行為であり、万死に値するのでありますが、さらに、一般記事などを無断利用・翻訳していたということですから、重ね重ね常識が通用しない新聞社であると思い知らされます。
 その上、他社の出版物への転載を許可し、転載料を得ていたものもあるということですから、もはや言うべき言葉は見つかりませんが、転載を許可した記事はどのような内容だったのでしょうかとも思います。不謹慎ながら。

 ところで「今後、著作権について社員教育を強化します」などと毎日新聞は言っていますが、毎日新聞のウェブサイトの一番下に小さい字で、「毎日jp掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。」と書かれています。どの面下げていうのだろうかとも思いますが、検索エンジンで「毎日新聞 無断転載」と検索すると、以下のようなサイトが見つかりました。

「発信箱」:改ざん、HP無断転載…本社が削除要請毎日新聞のコラム「発信箱」が無断転載されたうえ、紹介した多重債務者の支援団体名と相談電話番号が改ざんされてインターネット上のブログに掲載されていたことが分かり、毎日新聞社は28日、プロバイダーに記事の削除を要請した。

 僭越ながら「著作権について社員教育を強化」するまでもなく、著作権についてしっかりと理解しているのではないか、と思われてなりません。
 それでも、無断転載・引用が起こるとは、毎日新聞社はこれほどまでに自身に都合がいいような発想をしているのか、と思われます。

 毎日新聞は、自社の報道が無断転載や改ざんされた場合には毅然とした対応をする(それ自体は当然のことでありますが)にもかかわらず、しかし、自らは無断転載をするのみならず、さらに転載料を受け取りました。また、元総理秘書官の言葉を「捏造」(この言葉に不満があるのなら、「改ざん」と改めても構いません。毎日新聞殿へ)しました

 再発防止策は「著作権について社員教育を強化」することではなく、廃業することが適切ではないかと、このように思う次第です。
 
人気ブログランキングへ
posted by つるり at 19:00| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生総理、集団的自衛権の行使すべきと強調

麻生首相、集団的自衛権の憲法解釈を変更すべきだと強調 産経新聞
2008.9.26 20:36
 【ニューヨーク=高木桂一】第63回国連総会に出席するために訪米した麻生太郎首相は25日夜(日本時間26日午前)、国連本部で記者団に対し、保有はしているが行使はできないとする集団的自衛権をめぐる政府の現行憲法の解釈について「基本的に解釈を変えるべきものだと、ずっと同じことを言っている。大事な問題だ」と述べ、行使できるように解釈を変更すべきだとの考えを表明した。

 ただ、来年1月15日に期限切れとなるインド洋での海上自衛隊の補給活動は「憲法違反ではない」として、ただちに解釈を変更する必要はないとの認識も示した。(以下略)

 日本は集団的自衛権を保有はしているが行使はできないとは珍妙な論理です。権利は行使できるからこそ権利であって、行使できないのでは権利とは言えません。
 
 安倍政権下で「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が開かれ、福田政権下で憲法解釈の変更と集団的自衛権行使の容認を政府に求める報告書が出されました。今年の6月24日のことでした。しかし、福田前首相は無気力無関心でした。
 麻生総理が行使できるように解釈を変更すべきだとの考えを表明したことで、ようやくこの提言が日の目を見ることになるのではないか、と期待する次第です。

 安倍政権下では成し遂げられませんでしたが、麻生政権下で成し遂げられることを切望いたします。

 さて、選挙で国民の信を問うことは大事なことかもしれませんが、その前に具体的な政策に取り組んで結果を出してから信を問うということでなければ、本当の意味で国民の信を問うということにはならないと思います。
 
人気ブログランキングへ

関連記事:
集団的自衛権には消極的、国民を守れない無気力フフン首相
posted by つるり at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 国防・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

「通名」だけは貫く新聞、国籍は報じる

さて、ロコ・ロンドン詐欺事件で「あさひアセットマネジメント」の関係者が逮捕されました。この事件では、実質的な経営者で指南役の在日韓国人の男が逮捕されました。
「ロコ・ロンドン」被害685人約38億県警、裏付け急ぐ
 「預かったお金は分離保管されるので、元金は保証されて安心」――。貴金属取引仲介会社「あさひアセットマネジメント」(本社・東京都文京区、破産手続き中)の元幹部9人が、「ロコ・ロンドン保証金取引」を使って多額の金をだましとったとして逮捕された詐欺事件。県警生活経済課は、押収した関係資料などから、被害は1都15県685人、総額約37億7000万円に上るとみられ、裏付けを急いでいる。

(中略)

 調べに対し、宮内容疑者ら4人は容疑を認めているが、実質的経営者で、指南役とされる韓国国籍で元会長夫一相容疑者(44)ら5人は「関与していない」などと否認しているという。(以下略)
(2008年9月25日 読売新聞)

ロコ・ロンドン金取引で9人詐欺容疑 千葉県警逮捕朝日新聞 2008年9月25日20時3分
 実在する金(きん)の国際的な現物取引市場「ロコ・ロンドン取引」を利用したように装って利殖話を持ちかけ、高齢者らから資金をだまし取ったとして、千葉県警は25日、取引仲介会社「あさひアセットマネジメント」=破産=の元会長で韓国籍の松岡市総(いっそう)(44)=東京都北区東田端1丁目=や元社長の宮内一仁(かずひろ)(36)=江東区亀戸3丁目=ら9容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。

 宮内容疑者は容疑を認めているが、松岡容疑者は「関与はない」と否認している。(以下略)

 日頃、在日コリアンの犯罪を報じる際には通名で報じ、在日コリアンであることを伏せる朝日新聞ですが、今回は稀にも元会長で韓国籍の松岡市総(いっそう)(44)と在日コリアンであることを示唆しています。

 朝日新聞しか読まない読者は騙せても、ネットで複数の新聞を読めるご時世には通名報道で在日コリアンによる犯罪や関連する犯罪であることを隠蔽することはできないとようやく悟ることができたのでしょう。
 ただし、「韓国籍」であることは報じても、あくまで「通名報道」を貫いて本名を報じないのはどうしてでしょうか
 それから、読売は実質的経営者で、指南役とされるということに言及していますが、朝日新聞は松岡市総こと夫一相容疑者が「関与していない」と否認していることしか書かれていません。朝日の進歩は認めますが、まだまだ容疑者が在日コリアンであるとの躊躇いがあるので、詳細に書こうとしないのでしょうか。
 折角、「韓国籍」であることを報じることができるように進歩したわけですから、本名も報じるように、現状に甘んじることなく努力していただきたいと思います。

 もっとも、毎日新聞は、「宮内一仁容疑者(36)=東京都江東区亀戸3=と同社幹部8人を詐欺容疑で逮捕した。」[1]と、松岡市総こと夫一相容疑者の名前を出していませんから、これと比較すれば上出来です。

 朝日新聞が正常に成長、進歩することを期待したい。

人気ブログランキングへ

引用:
[1]ロコ・ロンドン金取引詐欺:元社長ら容疑で逮捕−−千葉県警毎日新聞 2008年9月26日 東京朝刊





posted by つるり at 17:59| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

麻生内閣が発足

麻生首相が閣僚名簿発表、34歳小渕氏が戦後最年少入閣

 自民党の麻生太郎総裁(68)は24日夕、国会で首相指名を受け、第92代、59人目の首相に就任した。

 麻生首相は同日夜に組閣を終え、衆院選に臨む政権の陣容を示した麻生内閣が発足した。首相は財務相に財政出動に積極的な中川昭一氏を起用し、小泉内閣以来の構造改革重視から景気回復優先への路線転換を鮮明にした。金融危機に伴う経済混乱にも機動的に対応できるように、財務相と金融相は兼務とした。焦点の衆院解散時期では、首相は10月上旬とする意向を固めた。

 衆院選は10月21日公示、11月2日投開票とする方針だ。

 麻生首相は24日夜、首相官邸で記者会見し、17人の閣僚名簿を自ら読み上げ、発表した。首相は「景気への不安、生活への不満、政治への不信があることを厳しく受け止めている。日本を明るく強い国にすることが私の使命だ」と決意を表明した。内閣の基本方針については、〈1〉国民本位の政策を進める〈2〉官僚を使いこなす〈3〉国益に専念する――ことを挙げた。人選については「適材適所だ。このメンバーで選挙を戦うことになる。(民主党と)正々堂々と戦う」と述べた。

 首相は前内閣からの再任は5人にとどめ、閣僚を大幅に入れ替えた。次期衆院選をにらみ、「麻生カラー」を強く示すことを狙ったものだ。盟友の中川氏を重要閣僚に起用したほか、総裁選で自らを支持した甘利明氏を行政改革相に充てるなど、自らに近い人材をそろえた。一方、「食の安全」に対する国民不安に応えるため、総裁選で戦った石破茂氏を農相に起用。内閣の清新さを印象づけようと、戦後最年少の閣僚として、小渕優子氏を抜てきした。
(中略)

 閣僚名簿は次の通り。(敬称略)

 ▽総理      麻生 太郎
 ▽総務      鳩山 邦夫(津島派)
 ▽法務      森  英介(麻生派)=初
 ▽外務      中曽根弘文(参・伊吹派)
 ▽財務・金融   中川 昭一(伊吹派)
 ▽文部科学    塩谷  立(町村派)=初
 ▽厚生労働    舛添 要一(参・無派閥)=再任
 ▽農水      石破  茂(津島派)
 ▽経済産業    二階 俊博(二階派)=再任
 ▽国土交通    中山 成彬(町村派
 ▽環境      斉藤 鉄夫(公明)=再任
 ▽防衛      浜田 靖一(無派閥)=初
 ▽官房・拉致問題 河村 建夫(伊吹派)
 ▽国家公安委員長 佐藤  勉(古賀派)=初
 ▽経済財政    与謝野 馨(無派閥)=再任
 ▽行政改革    甘利  明(山崎派)
 ▽消費者     野田 聖子(無派閥)=再任
 ▽少子化     小渕 優子(津島派)=初
(2008年9月25日03時09分 読売新聞)

 ついに麻生新内閣が発足しました。まずは祝福したいと思います。さて、麻生総理の総理大臣への道のりは決して楽な道のりではなかったことは周知の事実ですが、参院では民主党が多数を占めるねじれ現象や、次の衆院選は自民党は逆風の中にあるなど新内閣も順風満帆というわけではありません。
 しかし、麻生総理は記者会見で、〈1〉国民本位の政策を進める〈2〉官僚を使いこなす〈3〉国益に専念する――ことを閣僚に指示しました。

 この基本方針に基づいて職務に邁進し国家国民のために働いて福田政権という政治空白を取り戻してほしいと切に願う次第です。

 閣僚人事については、保守系の中川昭一氏や中山成彬氏が入閣していることは心から歓迎しますが、一方で二階氏が経産相になっていたり、官房長官が在日への地方参政権付与に積極的であるなど、保守系の弊ブログとしては物足りなさや不満も感じますが、少数派閥の長ということで党内との関係などへの配慮も必要でしょうから、そういう意味で麻生総理にとって最善の人事であるのでしょう。

 新総理誕生前から解散総選挙のことが取沙汰されていましたが、何も急いで選挙に焦る必要はないでしょう。
 昨今は、米証券大手のリーマン・ブラザーズが破たんしたり、米保険大手のAIGに公的資金が投入されるなどの金融危機が起きています。
 フランスのサルコジ大統領は23日、国連総会一般討論で演説後に、11月に「金融危機サミット」を開催することを提案したそうです。
 実際に行われると決まったわけではありませんが、「金融危機サミット」など新内閣が職務を遂行し、一区切りついたあたり(最低でも、年明けごろをまで)まで選挙を先送りしてもいいのではないか、とも思います。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 14:12| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

やっぱり消えた? 「国替え」の話

 民主党の鳩山は小沢の「国替え」について示唆しました。このことは当方でも取り上げました。(小沢「国替え」の話浮かんでは消え・・・?参照)しかし、反日勢力を斬る イザ!さんによると、先日のテレビタックルで、小沢はそんなこと言っていないと否定していたそうです。
 以下、反日勢力を斬る イザ!より引用
テレ朝「サンデープロジェクト」(2008/9/14)のビデオが流れる。

鳩山由紀夫(民主党幹事長)
小沢代表は岩手4区からは出ません。私は太田公明党代表のところ(東京12区)が面白いと思いますよ

菅義偉(自民党選対副委員長)
「私は自民党選対の責任者として、小沢さんが東京から出るんだったら、自民党の次の新しい総裁になる人に東京で小沢さんと戦ってもらおうと思っている。これは真剣です」

小沢は「俺はそんなことは一度も言っていない」と否定し、5日後、鳩山は前言をひるがえした。

鳩山
私が勝手に自分の思い込みで申し上げておりますが、東京12区はおもしろいなというのは私の気持として変わっておりません」

(スタジオから笑い声と「信じられない!」と女性の声)

三宅久之
「幹事長がそう言ったんだから、もう岩手には帰れないよ。幹事長がテレビの前で宣言したんだから」

 そうではないのかなぁ、と思っていましたが、やっぱり「国替え」をするつもりはなかったんですね、小沢氏には。

 やはり、自民と公明の間に不信感を増長させる策動(と言えば大げさですが)だったんですね。
 まぁ、この策動については自民マンセー(一部を除く)かつ、アンチ公明の弊ブログといたしましては歓迎するしだいですが。

 そのことはともかく、政権交代を目指すと公言する政党の幹事長が無責任にも私が勝手に自分の思い込みで申し上げておりますとは、いかがなものでしょうか。
 太田農水大臣や同省事務次官の発言については厳しく追及する民主党にしてはお粗末な限りです。

 小沢一郎氏に責任感というものがあるとしたら、公の場で無責任な発言をした鳩山幹事長を罷免すべきでしょう。
 しかしながら、公党の幹事長の言葉は非常に重いのです。三宅氏が「幹事長がそう言ったんだから、もう岩手には帰れないよ。幹事長がテレビの前で宣言したんだから」というように、「国替え」をしなければ、小沢一郎は政権を担うだけの度胸がないということになってしまいます。

 小沢さん、東京12区で出馬してはいかがですか。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

麻生太郎氏が自民党新総裁に選出される。

【自民総裁選】麻生氏、351票で圧勝。2位は66票で与謝野氏 産経新聞
2008.9.22 15:07
 自民党総裁選は22日午後、党本部で党大会に代わる両院議員総会で投開票が行われ、麻生太郎幹事長(68)が1回目の投票で過半数を制し、福田康夫首相の後継となる第23代総裁に選出された。麻生氏は国会議員票(386票)と各都道府県連に割り振られた地方票(計141票)と合わせて計351票を獲得し、ほかの4候補を大きく引き離して圧勝した。麻生氏は臨時国会召集日の24日、衆参両院の首相指名選挙で第92代首相に指名され、麻生政権が発足する。総裁任期は福田首相の残りの来年9月までの1年間。

 一方、与謝野馨経済財政担当相は66票、石原伸晃元政調会長が37票、小池百合子元防衛相が46票、石破茂前防衛相が25票だった。無効票が2票だった。

 何はともあれおめでとうございます。
 地元福岡では、廣田弘毅首相以来72年ぶりで、戦後初の福岡出身の総理大臣となられる見通しです。

 なお、地方票では麻生氏が9割を超える得票を獲得されたということです。
 今日、電車の中でおじさんたちが「福田さんはいっちょんすかん。何がやりたいのかわからんかった」と話ているのが聞こえました。麻生氏の人気の高さとは対照的です。
 思えば、一年前に福田首相ではなく麻生氏が自民党の総裁に選出されていれば良かったのに、と悔やまれます。自民党は福田氏を総裁に選出して一年間の政治空白を作ってしまった誤謬を真摯に反省し、麻生新総裁の下で、国家のために職務に邁進し、汚名を返上に努めて欲しいと切に望む次第です。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 16:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

小沢「国替え」の話浮かんでは消え・・・?

小沢代表の国替えある 鳩山幹事長が再び言及 民主党 産経新聞
2008.9.20 11:19
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は20日午前、民放番組に出演し、次期衆院選での小沢一郎代表の選挙区変更問題について「わたしと何度か2人で話す中で『自分自身の決意を示したい。背水の陣で今まで築いた城を捨て、新しい城を築く。例えば東京あたりに出ることを真剣に考えたい』と言っていた。今でもその考えは変わらないだろう」と述べ、国替えの可能性はあるとの見方を示した。

 そのうえで小沢氏の地元、岩手4区については「岩手の方々からすればいよいよ岩手から首相という話が実現しそうな時に、突然いなくなるのは許されないということもある。最終的にご本人の決断のときを待っている」と説明した。

 民主党の小沢一郎代表のいわゆる「国替え」話は以前からありましたが、いつのまにか消え、自民党で総裁選が行われている中、急遽浮上したという感があります。

 小沢氏のいうところの「新しい城」は公明党代表太田昭宏の地盤である東京12区(与謝野馨氏の東京1区も今になって取り沙汰されていますが)に築かれる、という話は以前からありました。ただ、矢野絢也氏の参考人招致と同様に公明党への揺さぶりの一環に過ぎないのではないか、と思っておりました。
 
 しかし、小沢氏は、背水の陣で今まで築いた城を捨て、新しい城を築く。例えば東京あたりに出ることを真剣に考えたい」と言っていたそうですから、「国替え」は、本当にあるのかもしれません。
 ただ、それでも猶、民主党の政権獲得という最大の目的に影響を与え得る公明党に最後の最後まで圧力をかけて、民主党側に引き寄せようという策動ではないのか、という風にも感じます。
 それから、自民党総裁選で民主党の埋没を避ける悪足掻きも兼ねているようにも思えますが、自民党を愛する者としては、自民党から悪い虫を引き剥がす策動はむしろ歓迎すべきことです。

 「国替え」があるにしてもないにしても、小沢氏が決断するのは火曜日以降のことでしょうが、できれば東京12区に国替えして新しい城を築くべく邁進していただきたいものです。

人気ブログランキングへ

追記:
 小沢民主党が公明党への揺さぶりが成功し、国替えがあるとしたら、東京1区ということになるでしょうね。
 そのため、以前からの東京12区に加えて東京1区が検討されている、ということになったということでしょうか。
posted by つるり at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「紅の傭兵」が引退

河野議長が政界引退へ 産経新聞
2008.9.17 01:22
 河野洋平衆院議長(71)が次期衆院選に出馬せず、今期限りで政界を引退する方向で自民党幹部らと調整していることが16日、分かった。河野氏は昭和42年衆院初当選で当選14回。新自由クラブ代表、官房長官、外相などを歴任し、平成5年から約2年、自民党総裁も務めた。

 河野洋平といえば、慰安婦問題での「河野談話」という売国行為で有名です。
 河野談話では
、「総じて本人たちの意思に反して行われた」「募集・移送・管理等の過程全体としてみれば甘言・強圧という方法により強制があった」という趣旨の発言を行なった[2]が、当時官房副長官であった石原信雄がのちに語ったところによると、当時の日本政府の調査では、軍など日本側当局が慰安婦を強制連行したという資料は確認されなかったという[3]。(ウィキペディア)
この話は有名です。
 強制連行したという資料がないにもかかわらず上記のような談話を発表したのは、日本に強制連行を認めてもらって国内世論を沈静化させ、この対価として韓国側は「金銭的、物質的補償は求めない」という政治的事情によるものでした。

 元々「慰安婦を強制連行」という話は事実ではないので、そもそも必要でない談話でした。この談話の責で日本が被った事実無根の不名誉は非常に大きいものです。
 まさに、河野氏のやったことは売国奴の名を冠するに値する”実績”です。

 また、河野氏は村山政権下で外務大臣を務めていた平成7年9月に、「化学兵器の開発,生産,貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約」を批准しました。これにより、旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器を処理する「遺棄化学兵器処理事業」が行われることになりましたが、そもそも「日本は昭和20年8月、「完全な武装解除」を条件としたポツダム宣言を受諾、降伏した。敗戦によって満州を含む中国大陸の日本軍すべての武器や施設、財産はソ連軍、中国軍に没収され、所有権は両軍に渡っていた。
 だが、日本は旧日本軍の化学兵器を廃棄処理費を全額負担すると応じてしまった。「いつのまにか、言われなき賠償金が中国にタレ流される枠組みができていた」(民主党中堅議員)のである。」[1]
 河野氏は外相時代に言われなき賠償金が中国にタレ流される枠組みに拘っていました。流石は、「紅の傭兵」と呼ばれるだけの事はあります。

 これらのほかにも、2000年に北朝鮮への50万トンのコメ支援を決定したり、2001年には中華人民共和国からの強い抗議をうけて紅の傭兵らしく外務大臣辞任をほのめかしてまで入国ビザ発行に反対しました。(参考、ウィキペディア)

 このような人物が衆院議長を務めているということは実に恥ずかしい限りです。引退を潔く決断した姿勢を評価することにはやぶさかではありませんが、福田康夫首相の辞任表明同様、遅きに失した感は否めません。

人気ブログランキングへ

引用:
[1]遺棄化学兵器の「闇」露呈 PCI捜索 産経新聞
2007.10.17 21:07





posted by つるり at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 売国政治家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

中国、粉ミルク汚染で死者2名に

中国粉ミルク汚染の死者2人に 患者1253人 産経新聞
2008.9.15 21:01

 中国衛生省は15日、有機化合物メラミンに汚染された粉ミルクで乳幼児が腎臓結石などにかかった問題で、患者数が全国で1253人に達したと発表した。

 また、衛生省によると、死者数は1人増えて2人となった。いずれも甘粛省の乳児で、1人は生後5カ月の男の子で5月に死亡、もう1人は8カ月の女の子で7月に亡くなった。患者のうち340人が入院治療中で、うち53人は重症だという。(共同)

 6月に中国製毒餃子による中毒事件が中国国内でも発生したという事件は8月に日本でも報じられました(日本政府は7月初めに情報を得ていましたが)。
 現在、中国から輸入された基準値を上回るメタミドホスが検出された事故米を三笠フーズが焼酎や病院食などの食用に転用したことが取りざたされています。

 中国製の食品や製品の危険性、そしてそれによる事件は枚挙に遑がないという状況ですが、またしても、数多ある事例に今回の一件が加えられました。

 ちなみに、19人が故意に混入させたとして逮捕されていますが、はたして・・・。

 粉ミルクに混入していた有機化合物メラミンは、昨年、米国で中国から輸出されたペットフードを食べたペットが相次いで死ぬという事件で、件のペットフードから検出された有毒物質でもあります。

 今度は粉ミルクがメラミンに汚染され、患者数が全国で1253人に達し死者数は2人になりました。本当に痛ましい事件です。
 せめて、これ以上の死者が出ないことを願う次第です。

人気ブログランキングへ


参考:
中国粉ミルク汚染、故意に有害物質混入? 全国調査開始 産経2008.9.13 17:37
腎臓結石の乳児432人 中国粉ミルク汚染で19人拘束 産経2008.9.13 23:15
posted by つるり at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懲戒免職職員も再雇用、NHK関連会社

NHK懲戒免職の元副部長、関連会社に再就職 朝日新聞
2008年9月12日3時3分
 00年に女性の衣類を盗んだとして懲戒免職処分を受けたNHKの元副部長が、関連会社に再就職していたことがわかった。NHKは、懲戒免職と諭旨免職処分となった職員は関連団体に再雇用しないなどのルールを8月に決めている。今回の件はそれ以前の例だが、NHKは「再雇用には関与していないが、好ましくない状況。今後はルールを関連会社にも徹底したい」と説明している。

 元副部長は00年に女性更衣室で衣類を盗んだ窃盗などの疑いで送検され、起訴猶予処分となった。懲戒免職後に、関連会社「総合ビジョン」に再就職した。

 NHKでは、減給など懲戒処分を受けた職員が関連団体などに再雇用された4件が今夏発覚。経営委員会で「世間の常識から外れているのではないか」と批判を受け、8月26日に再雇用に関するルールを決めた。NHKの福地茂雄会長も4日の定例会見で「懲戒免職、諭旨免職された者を再雇用するのは論外」との考えを明らかにしている。

 8月に相次いで発覚した件はいずれも――軽すぎるという感はありましたが――停職3か月とか出勤停止7日、減俸と降格といった「懲戒処分」を受けていた職員でした。
 しかし、今回は懲戒免職処分を受けたNHKの元副部長が再雇用されていたことが発覚しました。

 8月に発覚が相次いだ件では「経験と仕事ぶり」や「必要な人材として再雇用」したなどと苦しい弁明がなされていましたが、さすがのNHKでも再雇用には関与していないが、好ましくない状況。などと言っています。

 ただ、NHKは知らなかったなどと言っていますが、やはり「世間の常識から外れているのではないか」という疑念はぬぐえません。
 前回発覚した件で、セクハラで降格と減俸処分を受けた元局長を採用したNHK情報ネットワークは「経験と仕事ぶりから採用を決めた」などと言っていました。

 それでは、女性更衣室で衣類を盗んだ窃盗などの疑いで送検され、起訴猶予処分になったNHKの元副部長の採用も、「経験と仕事ぶりから採用を決めた」のでしょうか。
 関連会社であればNHKの元副部長の「経験と仕事ぶり」を知ることは容易であるはずです。

 まさか、懲戒免職にはしたくなかったけれど、世間の目が厳しそうなので免職するけど、可哀そうだから関連会社に再雇用するか、などという意思決定があったのではないか、と疑いたくもなります。
 そうでないなら、どうして懲戒免職処分にした職員を関連会社で再雇用するのでしょうか。

 重ね重ね、NHKの不祥事に甘い体質には呆れてしまいます。ここまで酷いと不祥事を奨励しているのではないか、とさえ思えてしまいます。

 NHKは、懲戒免職と諭旨免職処分となった職員は関連団体に再雇用しないなどのルールを8月に決めたそうですが、これに停職3か月とか出勤停止7日、減俸と降格といった「懲戒処分」も含めるべきでしょう。NHKにとっては厳しすぎる方針かもしれませんが。

 これほどまでに「世間の常識から外れている」組織を立て直すには、不祥事に厳しい風土を作っていくか、廃業するかしかありません。

 ちなみに、ソース元の朝日新聞ですが、このニュースは紙面でも小さい記事でしたが一応扱われていました。しかし、朝日の販売店アルバイトの山田勇一が脅迫して新聞を購読させた事件は10日から15日までの新聞紙面(朝夕刊、福岡版)に載っていませんでした。
 朝日新聞には、よその不祥事を伝える以前に、自社に関する不祥事を自ら報じていただきたいと思います。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

朝日新聞販売員「俺は元ヤクザ」と脅迫

「オレは元ヤクザ。新聞10部取れ!」朝日新聞販売店アルバイト逮捕 元暴力団員名乗り 産経新聞
2008.9.10 17:32
 元暴力団員を名乗って脅迫し、無理やり新聞購読契約をさせたとして、群馬県警太田署は10日、強要の疑いで、朝日新聞太田西部販売所アルバイト、山田勇一容疑者(35)=同県太田市藤阿久町=を逮捕した。

 山田容疑者は容疑を認め、「自分の契約成績を伸ばそうと思ってやった」と供述している。

 調べでは、山田容疑者は6月22日午前、自宅を訪れた宅配業者の男性配達員(44)が玄関ドアをノックしたことに言いがかりをつけ、自分が勤務する新聞販売店の事務所に配達員の男性上司(37)を電話で呼び出し、「刑務所から出てきたばかりで元ヤクザだった。新聞を10部取れ」などと脅迫。2人に新聞購読契約書を無理やり作成させた疑い。

 朝日新聞東京本社販売局は、「重く受け止めている。販売所に対し、アルバイトの指導を改めて求めていく」とのコメントを発表した。

 朝日新聞販売店のアルバイトが元暴力団員を名乗り新聞10部を購入させるという不祥事が発覚しました。
 玄関ドアをノックしたことに言いがかりとは、失笑してしまうような言いがかりです。朝日新聞東京本社販売局は、「重く受け止めている」とは言うものの、「販売所に対し、アルバイトの指導を改めて求めていく」と、どこか他人事のようにも思えます。
 
 販売店と本社は資本関係がないかぎり関係ないといえばそのとおりかもしれませんが、自分のところの販売店の従業員が起こした不祥事は新聞社自身の信用にもかかわる問題です。
 そうであるにもかかわらず、「あくまで販売店の責任」であるといっているような感があります。
 因みに、朝日新聞はどういうわけかこの事件を報じていないようで、少なくとも朝日新聞のサイトには9月14日16時時点で存在しません。10日以前の記事も検索すれば出てきますが、この記事は出てきませんでした。
080914_1842~0001[1].jpg
(携帯で撮った為荒いですが)
 また、9月10日から14日までの朝日新聞の朝刊(福岡版)を調べたところ、この事件に関する記事はありませんでした。
 夕刊は火曜日にも調べてみます。ですから現時点で「報道していない」とは言い切れませんが、朝刊しかとっていない読者には事件が知らされなかったということはいえます。(追:10日から14日(15日は朝刊のみ16日は休刊日)までの夕刊(福岡版)を調べた結果件の記事はありませんでした。9月16日)

 他にも、女性の部屋に侵入した朝日新聞配達員逮捕 滋賀9月9日23時6分配信 産経新聞という事件が起きています。
 因みに、13日の朝刊には、読売33歳記者を逮捕 地下鉄で女性の尻さわった疑いという事件が報じられているにもかかわらず。
 ライバル会社の不祥事には厳しく、自社の不祥事(販売店とはいえ)には甘いようです。

 朝日新聞の不買運動が起きないように、できるだけ読者に事件を知らせないでおこうという意図が感じられます(追加:朝夕刊にも載っていなかった以上隠蔽を図ったと疑われても仕方がありません)。自社に関する「不都合な真実」は積極的に報道しない(しかも、「ジャーナリスト宣言」をした新聞社です)というのが朝日新聞社の方針でしょうか。
 いずれにせよ、この「不都合な真実」を知らない朝日新聞の読者は多いと思われます。新聞社が自社や関連団体の起こした不祥事を積極的に読者に知らせないで平然と他の事件を報じるのは読者に対して不誠実だと考えないのでしょうか。
 本当に、事件を「重く受け止めている」のでしょうか?甚だ疑問です。

人気ブログランキングへ

追記:一部加筆しました。
 
追記2:9月16日現在、朝日新聞販売店の山田勇一が元ヤクザであると脅迫して新聞10部を購読させて逮捕された事件を朝日新聞は報じられていない。
posted by つるり at 16:51| Comment(1) | TrackBack(1) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懲りない通名報道

少女に殴るける 京都のフリースクール経営者ら逮捕 産経新聞
2008.9.9 20:10
 不登校の子供らを預かるフリースクールで入所者の少女を殴ってけがをさせたとして、京都府警捜査1課と南丹署は9日、傷害容疑で、私設更生施設「丹波ナチュラルスクール」(京都府京丹波町中台桜梅)の経営者、朴聖烈(60)=京都府南丹市園部町=と施設職員、森下美津枝(55)=同=の両容疑者を逮捕した。(略)

フリースクール虐待 入所直後から連日暴行、手錠も 読売新聞2008年9月10日
 京都府京丹波町のフリースクール「丹波ナチュラルスクール」の入所者虐待事件で、経営者の朴聖烈容疑者(60)(傷害容疑で逮捕)が、入所のため施設に到着した直後の入所者らに対し、いきなり木刀で殴るなどの暴行をしていたことが、府警の調べでわかった。「ひもで縛られたこともあった」と証言する入所者もおり、府警は、朴容疑者や施設責任者の森下美津枝容疑者(55)(同)らが、入所者を暴力で支配していたとみている。

しかし、朝日新聞は
栗収穫・クワガタ飼育…入所者ただ働き フリースクール2008年9月14日
 京都府京丹波町のフリースクール「丹波ナチュラルスクール」の傷害容疑事件で、逮捕された経営者の江波戸聖烈(えばと・せいれつ)容疑者(60)らが入所者に、お守りづくりなどの内職や農作物の収穫をさせ、多額の利益を得ていたことが京都府警の調べでわかった。入所者に報酬を一切払っておらず、府警は営利目的でただ働きさせた疑いもあるとみている。

 府警によると、江波戸容疑者と責任者の森下美津枝容疑者(55)は4年前から、入所者に収穫させた栗や、飼育させるなどしたカブトムシ、クワガタムシなどの昆虫を近くの「道の駅」の農産物直売所で売っていた。

 「道の駅」関係者によると、年会費などを払えば直売所で農作物を販売することができる。栗だけで、多い年は1シーズン150万円ぐらいの売り上げがあったという。ラベルには「丹波栗」と表示していた。

 府警によると、入所者らは外から施錠された寄宿舎に監禁状態に置かれ、神社のお守りづくりや電気部品の組み立てをさせられていた。入所者は報酬を受け取っておらず、江波戸容疑者も現金を渡さなかったことを認めているという。
 施設側は入所前、保護者たちに「予備校以上の勉強をする」「京都大学に合格した子どももいる」などと説明していたが、実際にはほとんど勉強させていなかった。

 府警によると、施設は保護者から入所料200万〜550万円と月謝10万〜15万円を受け取っていた。府の調査では、1年で700万円払った保護者もいた。しかし、入所者は、江波戸容疑者の親族が経営する店から仕入れた賞味期限切れの弁当やカップラーメンなどを食べ、水の使用も制限されていたという。一方で、両容疑者は高級外車に乗り、江波戸容疑者は数年前に自宅の新築もしていた。

 朴聖烈の経営するフリースクールでは勉強させるなどと偽り高額な資金を支払わせ、タコ部屋のような施設に監禁し、タダ働きをさせていました。
 不登校の保護者に付け入る本当に悪質な犯罪です。
 多くのフリースクールはきちんと不登校児やその保護者のことを考えてお仕事をされていると思いますが、こういう事件が起きる以上、フリースクールに対する公的な監視が必要だと思います。
 
 事件の酷さは言うまでもなく、逮捕された朴聖烈に配慮するべき相当の理由は存在しません。このことは報じた朝日新聞自身がよくご存知のことでしょう。

 にもかかわらず、またしても「通名報道」という形で容疑者に配慮するとはどういうことでしょうか。
 
人気ブログランキングへ
posted by つるり at 16:19| Comment(0) | TrackBack(3) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

麻生太郎を総理大臣に!!

麻生太郎流星群

 麻生太郎先生への信頼感、期待感がひしひしと伝わってくる労作であります。「ニコ厨」の方もそうでない方も必見です。

自民党総裁選 麻生太郎新宿大演説





 新宿での演説のノーカット版

人気ブログランキングへ





posted by つるり at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

「池袋中華街」構想に住民反発

「池袋中華街」構想に「待った」 地元商店街が反発9月8日20時15分配信 J-CASTニュース
 
 中華料理店や中国雑貨屋がたくさん並ぶ東京・池袋で、「東京中華街」を作ろうという構想が持ち上がった。中国人側は新しい観光スポットにしようというのだが、古くから続く地元商店街からは「商店街の活性化にならない」という反発が起こっている。

■「ちっとも商店街の活性化にならない」

 東京・池袋駅の北西には、約200軒の中華料理店や中国雑貨店が並ぶ。中国人店主らがこの一帯を「東京中華街」と名づけて、新しい観光スポットにしようという構想を進めていることがわかった。

 突然の事態に驚いているのは、地元で60年近く店を構える商店街の人々だ。池袋西口商店街連合会の三宅満会長はこう話す。

  「何せ急な話で戸惑っています。半年前に中国人の代表者と話をしましたが、それっきりで交流はありません。地元商店街の人たちの理解を得てから、立ち上げたほうがよかったのではないでしょうか。時期尚早だと思います」

 また池袋北口駅前商店街の木谷義一会長は、

  「東京中華街ができれば、地元商店街の活性化になるという人もいますが、ちっともならないと思います。中国人の店は路上で物を売ったりとマナーが悪く、その上、各店で分担している街灯の費用も払っていませんし、困っています

といい、東京中華街なぞ、とんでもないと言わんばかりだ。

 豊島区文化商工部生活産業課によると、池袋は新宿や渋谷に比べて家賃が安いため、1990年代頃から新たに商売を始めようという中国人や留学生が集まってくるようになった。それにあわせて中国人向けの店も増えていて、この数年は急増しているそうだ。安い中華料理店が多いほか、雑居ビルの2〜3階に入っていて、何を売っているかわからない店もある

■地元商店街や区の協力なしに、日本人客呼び込めるか

 日本人を呼び込むために、中国の旧正月・春節にあわせた祭りや、料理や中国語、太極拳などの講座を企画し、ホームページも立ち上げると、「朝日新聞」が08年8月28日に報じている。しかし木谷会長は、「08年8月8日に中国人が集まって会合を開いたそうです。それ以降は、目立った動きは見られません」と話していて、具体的には進んでいないようだ。

 一方、豊島区では、

  「区は一切関わっておりません。今後もサポートすることはないですし、様子を見ることにしています」

と回答した。

 地元商店街や区の協力もなく、東京中華街構想が進むのか、疑問は残る。さらに、最近では、治安の悪化が問題視されている。08年5月には池袋のカラオケ店の店長に集団で暴行を加えたとして、中国マフィアのメンバーらが逮捕された。東京中華街ができれば、日本人を呼び込むのではなく、不良中国人を増やすことになりやしないか、と地元商店街は危惧している

 中国人店主らがこの一帯を「東京中華街」と名づけて、新しい観光スポットにしようという構想があるそうですが、昔から地元で商店を営む住民は反発しています。

 曰く、「何せ急な話で戸惑っています。半年前に中国人の代表者と話をしましたが、それっきりで交流はありません。」と中国人店主らが一方的に推進して古くからの住民の理解を得ずに独走しているように見えます。 
 また、「中国人の店は路上で物を売ったりとマナーが悪く、その上、各店で分担している街灯の費用も払っていませんし、困っています」と、中国人らが地元商店街の決まりを守らず、秩序を乱している様子もうかがえます。

 J-CASTは「東京中華街なぞ、とんでもないと言わんばかり」などと書いていますが、事実、とんでもない話であることに疑いの余地はありません。中国人商店主たちが独走する一方で、古くから地元で店を構える人々は突然の事態に驚いているというのです。
 充分な話し合いがもたれずに出来上がった構想では、これを歓迎する地元住民はいないでしょう。

 さらに、08年5月には池袋のカラオケ店の店長に集団で暴行を加えたとして、中国マフィアのメンバーらが逮捕されたという事件が起こり、治安の悪化が問題視され、日本人を呼び込むのではなく、不良中国人を増やすことになりやしないか、と地元商店街は危惧しています。

 「東京中華街構想」を推進している中国人たちは新しい観光スポットにするなどと言っていますが、実際のところは、古くからあるコミュニティを破壊して、自分たちだけが暮らしやすい新しいコミュニティを形成することに見えてなりません。それは古くからこの地域で生活している地元住民と充分な話し合いの場をもっていないことからも明らかです。

 中国人が経営する店に雑居ビルの2〜3階に入っていて、何を売っているかわからない店もあるそうですが、何を売っているかわからない店に日本人が買い物に来ることはなく明らかに中国人向けです。「何を売っているかわからない」ということから、古くからの地元商店街と中国人店主らの間に交流も信頼関係もなく、中国人店主側に誠実さがないということが伺えます。また、「何を売っているかわからない」店が不良中国人の温床となり、益々の治安悪化を招くことも考えられます。

 結果、この構想を推進したすれば、観光客を招くのではなく、不良中国人を増やし古くから生活を営んでいる人々は出て行かざるを得なくなるでしょう。
 「東京中華街構想」は時期尚早どころか、現在のコミュニティを破壊する構想であり危険です。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対中印象悪化は当然の結果

日本の対中印象、悪化=ギョーザ、チベットが影響−世論調査
9月8日19時43分配信 時事通信

 中国に否定的印象を抱く日本人がこの1年間に66.3%から75.6%に増え、日中関係の発展を妨げる要因として46.2%が「中国産品の安全性の問題」を挙げていることが、両国民を対象とした世論調査で明らかになった。調査を実施した日本の民間団体「言論NPO」などが8日、都内で公表した。
 調査は6月から7月にかけて行われ、日本で1000人、中国で1557人が回答した。
 それによると、中国に良くない印象を持つ理由として日本人が挙げたのは、「資源確保などで自己中心的にみえる」(56.3%)、「中国人の愛国的な言動が理解できない」(41.9%)など。中国製冷凍ギョーザ中毒事件のほか、チベット問題や北京五輪の聖火リレーをめぐるトラブルが影響していることが浮き彫りになった。
 一方、日本に悪い印象を持つ中国人も昨年の36.5%から40.6%に増加。ただ、最近1年間の印象の変化をみると、対日観が「良くなった」とする回答が60.9%に達した。

 対中印象が悪化するのは当然の結果といえます。
 1月には、中国製の毒物混入餃子を食べた日本人が危うく死にかけるという事件が起こりました。この事件では中国でメタミドホスという劇物が混入したということが明白であるにもかかわらず、中国側は「中国国内で混入した可能性は極めて低い」と発表するなど不誠実極まりない態度でした。以前から中国製製品・食品の危険性は取り沙汰されていましたが、この事件でその危険性が改めて浮き彫りとなりました。

 3月には、北京五輪の聖火リレーをチベットで開催することに抗議したチベット人が逮捕され、暴動に発展するとチベット人に対する虐殺が行われました。このため世界中から抗議の声が上がり、世界各地で行われた聖火リレーが妨害されるという前代未聞の出来事も起きました。
 長野でも聖火リレーが行われましたが、ここでも妨害行為があり、台湾在住のチベット人の男性が逮捕されました。しかし、聖火リレーを見にきた中国人達のマナーの悪さ、悪態、そして暴力行為は取り締まられませんでした。この様子はyoutube等に動画がupされました。
 中国人のマナーの悪さといえば、日本と中国のサッカーの試合で中国選手が日本選手に飛び蹴りを加えたり、中国人の観客がゴミを投げ込んだりということもありました。
 
 政治的には、首相の靖国神社参拝や歴史問題(ありもしない南京大虐殺など)を対日カードに利用したり、東シナ海ガス田開発問題では、日本が試掘に踏み切れば中国は軍艦を出すなどと恫喝をしたり、尖閣諸島は中国領だとなどという言いがかりをつけました。
 また、偽ブランド、ディズニーの模倣や『愛の流刑地』を無断出版するなど知的財産権を守りません。環境問題には無関心で公害を垂れ流し、緑化と称して山を緑色のペンキで塗る始末です。
 かの国には人権はなく、チベットでの虐殺のみならず、東トルキスタン(ウイグル)では、パスポートを没収したり、強制的に他地域へ移住させて結婚させたりして言語や習俗を忘れさせるという政策がとられています。チワン族自治区では一人っ子政策の違反者に不妊手術や中絶手術を強制的に施したり、罰金を支払わなかった家をたたき壊したり、家具などを略奪するということが行われ、暴動が起きました。
 また、少年や労働者を騙したり誘拐したりして奴隷のように働かせていたという事件が発覚したのも昨年のことです。

 挙句、散々揉めて開会した北京五輪では、花火を合成したり、子供に口パクで歌わせたり、開会式での「56民族の子供たち」の殆ど(もしくは全て)は漢民族だったり、選手の年齢詐称疑惑が出たりしました。

 中国に好感を持つ根拠を見つけることはもはや不可能といっても差し支えありません。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

365日24時間、権力のことを考えている人

「衆院選で小沢代表が民主党の初代首相になる」鳩山民主幹事長 産経新聞iza
09/08 12:56更新
・・・略・・・
 一方で、鳩山氏は、自民党総裁選によって民主党が「埋没」するとの懸念があることについて「確かにメディア的には乱立の方がおもしろいだろう。だが、相手がそのようなメディア戦略に出ても、こちらは政策で攻める王道を歩む。(国民には)民主党の姿に共鳴してもらえるのではないか。政策の勝負だ」と反論した。

 また、社民党の福島瑞穂党首は8日昼、国会内で記者団に対し、「これから動乱の政治になる。小沢氏は365日24時間、権力のことを考えている人だ。自民党との対決のうえで共闘できる点が多い」と述べ、小沢氏の3選確定を歓迎した。

 社民党の福島は小沢一郎を褒めたつもりなのでしょうが(失笑)、「小沢氏は365日24時間、権力のことを考えている人だ」では、いなした、くさしたの類に入ります。
 とまれかくまれ、福島瑞穂の指摘は正鵠を射ているようにも思えます。

 彼の口から出てくる言葉は、決まって「解散総選挙」「自公政権を終わらせる」「政権交代」、このどれかに該当します。
 だから、小沢氏は365日24時間、権力のことを考えている人だけれども、より正確にいえば、「365日24時間、権力のことしか考えていない」ということではないでしょうか。

 (国民には)民主党の姿に共鳴してもらえるのではないかなどと自信を持つのはいいですが、365日24時間、権力のことしか考えていない人に共鳴するのは難しいと普通は考えないでしょうか

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

ジタバタする民主党

民主・鳩山幹事長、「次の総選挙に必ず勝つ」とあらためて政権交代への意欲示す
フジテレビの「報道2001」で FNNニュース

自民党総裁選挙に向け出馬の意欲を表明している議員らが、テレビなどで各自の政策をアピールする中、民主党の鳩山 由紀夫幹事長は、フジテレビの「報道2001」で、自民党の総裁選にメディアの注目が集まっていることに危機感をにじませながらも、「次の総選挙に必ず勝つ」と述べ、あらためて政権交代への意欲を示した。
民主党の鳩山幹事長は「今回、総裁選挙があのように華々しくやるから、こちらも代表選挙を華々しくやらなきゃならないという、右往左往をする必要はなくて、われわれは王道を歩めばいいんですよ」と話した。
鳩山幹事長は「自民党は表紙を変えて、中身がわからないうちに解散をするつもりだろう」としたうえで、「次の総選挙は最後のチャンス。必ず勝って政権交代を目指す」と述べた。
(09/07 12:27)

 鳩山氏は「今回、総裁選挙があのように華々しくやるから、こちらも代表選挙を華々しくやらなきゃならないという、右往左往をする必要はなくて、われわれは王道を歩めばいいんですよ」などと言っていますが、実際には右往左往しているのではないでしょうか。
ドキュメント・九月政変:民主・菅氏と鳩山氏、東奔西走 「論争なし」に危機感
 ◇代表選無投票
 小沢一郎代表の無投票3選が固まったところに自民党総裁選をぶつけられた民主党。福田康夫首相の退陣表明後初の週末となった6日、2枚看板」、菅直人代表代行と鳩山由紀夫幹事長は「埋没回避」対策に東奔西走した。
…中略…
 一方の鳩山氏も、自民党総裁選絡みの発言を連発した。小沢氏を支える奥村展三役員室長の地元、滋賀県湖南市の漬物工場を視察し、ナスの漬物をほおばりながら「たくさん漬ければいいというもんじゃない。一人でもこれくらい、いい味が出せる」。

 もっとも自民党総裁選への「口撃」は党代表選が無投票に終わり、「政策論争」で対抗できないという危機感の裏返しだ。「総裁選はにぎやかにやっているが、こちらも焦って誰かを出さなければいけないということはない」

鳩山氏はこう言うしかないのだろう。
…略…
毎日新聞 2008年9月7日 東京朝刊

 充分、焦っているようにみえます。「埋没対策」に右往左往東奔西走し、自民党総裁選をくさすのは党代表選が無投票に終わり、「政策論争」で対抗できないという危機感の裏返しだという感があります。

 もっとも、民主党にとって「埋没」は必ずしもデメリットばかりではないようです。例えば、小沢一郎氏が政治資金で不動産を購入していた問題で、同氏名義で登記されているので、小沢氏の”隠し資産”ではないかと週刊現代が報じたことに対して小沢氏が訴えた東京高裁判決では、小沢氏が敗訴しています。
 6月4日のことですが、新聞テレビでは大々的に報じられませんでした。

 ほかにも、民主党都議がJETRO職員の論文を盗作して視察報告書を作成していました。また、離党すると言っていた姫井議員がやっぱり離党を撤回するという騒動も、民主党にとってはお恥ずかしい出来事でした。

 このように、民主党にとって「埋没」は悪い話ではない筈ですが、しかし、民主党は「埋没」したくないようなので、あえて民主党に着目しました。民主党が世間の耳目をひくとよいですね(棒読み)。

人気ブログランキングへ

関連記事:
民主都議が論文を盗作。視察旅行報告書
軽薄な姫井議員
小沢一郎の不動産問題報道、小沢敗訴
小沢一郎の隠し資産?
posted by つるり at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。