2008年06月21日

窃盗集団グリーンピース、ついに逮捕

鯨肉窃盗でグリーンピースのメンバー2人を逮捕 青森県警 産経新聞
2008.6.20 08:13

 環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン(GP)」メンバーが、日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員の荷物を盗んだとされる事件で、青森県警は20日、窃盗容疑などで、GPジャパン幹部の佐藤潤一容疑者(31)ら2人を逮捕した。反捕鯨活動の一環で横領を告発した行為は、逆に国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。

 他に逮捕されたのは、メンバーの鈴木徹容疑者(41)。

 調べでは、2人は4月16日、「西濃運輸」青森支店の配送所に無断で侵入。鯨肉が入った段ボール1箱を盗んだ疑い

 関係者によると、盗まれたのは日本鯨類研究所から委託を受け、調査捕鯨船「日新丸」に乗船していた「共同船舶」社員の荷物。寄港後の4月15日に東京から北海道の自宅に向けて発送されたが、翌16日に経由地の青森支店に到着した直後になくなったという。

 西濃運輸は、配送ミスの可能性もあるとみて調べていたが、GPが5月15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表し、日新丸の乗組員12人に対する業務上横領罪の告発状を東京地検に提出したことを受けて、青森県警に被害届を出していた。

 日新丸をめぐっては、米環境保護団体「シー・シェパード」の抗議船から3月上旬に南極海で調査捕鯨中、薬品入りの瓶などを投げつけられ乗組員ら3人が負傷している。昨年のドイツ・ハイリゲンダムサミットでは、経済のグローバル化が環境破壊を助長しているとする反グローバリズム運動の一部が暴徒化。政府が洞爺湖サミットを前にこうした環境保護団体の動向を注視する中、GPは18日、サミットNGOフォーラムの一員として首相官邸を訪れていた。

                 ◇

 青森県警は20日午前8時40分すぎから、東京都新宿区西新宿にあるグリーンピース・ジャパン事務所など6カ所を捜索した。


 グリーンピースは「西濃運輸」青森支店の配送所に無断で侵入。鯨肉が入った段ボール1箱を盗んだ疑いで逮捕されました。
 GPは、「反捕鯨活動の一環で横領を告発した」つもりだったのでしょうが、読売新聞によると、捕鯨船乗組員12人について東京地検は、「会社に無断で自分のものにしたわけではなく、業務上横領は成立しない」と嫌疑なしで不起訴としました。(註1)

 要するに、虚偽告訴だったといっても過言ではなかったわけです。
 窃盗を働いたうえ、虚偽告訴で、捕鯨船の乗組員の名誉を傷つけるという行為は、もはや犯罪組織と呼ぶほうが正確でしょう。
 宅配便会社の配送所に無断で侵入し、貨物を盗む行為は、プライバシーの侵害にほかなりません。また、貨物を勝手に公開するということを許せば、恐ろしくて宅配便を利用することができなくなります。こういう社会に悪影響を与える連中は厳しく罰しなければなりません。

 また、米国の似非環境保護団体「シー・シェパード」は、危険な薬品入りの瓶などを日新丸に投げつけ乗組員ら3人を負傷させました。もはや、テロ組織です。
 似非環境団体というものは、目的のためには手段を選ばず、「目的は手段を正当化する」という発想で、窃盗や虚偽告訴、テロ行為といった反社会的な行為を行っています。
 こういう似非環境団体は、犯罪者集団であると認識して、厳しく取り締まらなければ、連合赤軍や日本赤軍のようなテロ組織を育成することにもつながります。
 「シーシェパード」や「グリーンピース」のような犯罪者集団こそが、「環境破壊を助長している」のではないでしょうか。

人気ブログランキングへ

註:
1:クジラ肉大量持ち出し、捕鯨船乗組員12人は不起訴(2008年6月20日18時54分 読売新聞)
posted by つるり at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会・経済・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鯨肉窃盗容疑で逮捕されたグリーンピース、署名活動を開始
Excerpt: 過激な反捕鯨活動で、日本でも広く知られるようになった、環境保護団体「グリーンピース」。その幹部ら2人が逮捕されました。逮捕されたの...
Weblog: From VALVANE
Tracked: 2008-06-22 01:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。