2008年10月07日

竹島は不法占拠するが、日本に助けを求める韓国。

竹島領有問題「譲歩しない」 韓国・李明博大統領 産経新聞
2008.10.6 21:04
 韓国の李明博大統領は6日、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)に関し、「どのような犠牲が出ようとも譲歩はない」と述べた。ソウル訪問中の在日本大韓民国民団(民団)幹部と会った席で述べた。

 李大統領は日本に未来志向の関係を築こうと呼びかけた後に領土問題が起きたと述べ、最近の日韓間の摩擦が新学習指導要領解説書に竹島を記載した日本側に問題があると強調。一方で、この問題で両国関係が壊れることは望まないとし、領土問題が他の分野の障害にならないよう扱うとの従来の考えを改めて示した。(共同)

 あいかわらずの盗人猛々しさですが、韓国が日本固有の領土である竹島を不法占拠していることがそもそもの領土問題の引き金であり、この問題で日韓間の摩擦があれば、それは全て韓国側に非があるということは繰り返し述べておかねばならないところです。

 さて、韓国の大統領は「どのような犠牲が出ようとも譲歩はない」などと、勇ましいことを仰っておりますが、同時に両国関係が壊れることは望まないとし、領土問題が他の分野の障害にならないよう扱うとの従来の考えを示しました。
 矛盾していませんか。
 「どのような犠牲が出ようとも譲歩はない」のであれば、当然のこと他の分野の障害となることも大統領の言う「犠牲」に含まれるということではありませんか。

 韓国の李明博大統領が、弱気になるのはどうやら韓国経済が微妙な情勢であるという事情があるようです。
米金融危機:韓国政府、「アジア共同基金」の創設提案 朝鮮日報2008/10/06 08:58:19
 韓国、中国、日本の3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が、米国発の世界的な金融危機に共同で対処するために、800億ドル(約8兆4000億円)規模の「アジア共同基金」を創設する案を韓国政府の提案で進めることになった
 同案は、1997年に起こったアジア通貨危機のような事態に備えるため、これらの国が2006年5月に合意したものだが、各国の出資割合をめぐり話し合いが行き詰っていた。
(後略)

李大統領、韓日中金融首脳会議を提案 中央日報2008.10.07 07:57:26
李明博(イ・ミョンバク)大統領は6日「中国の北京で今月下旬に開かれるアジア欧州会議(ASEM)首脳会合の際、韓日中金融首脳会談の開催を提案する」という考えを明らかにした。
(中略)
 李大統領は「現在、外貨準備高は東アジアが最高だ。3カ国が力を合わせれば金融危機を賢く乗りこえられる」と強調した。(後略)

韓日中「800億ドルのアジア通貨基金」設立に拍車 中央日報2008.10.06 07:53:02
韓国・日本・中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が、通貨危機が発生した場合に緊急資金を支援する800億ドル規模のアジア通貨基金(AMF)設立に向けた作業に拍車をかけていくことを決めた。米国発の金融危機に共同で対応するため、各国が保有外貨を拠出し対応体制を構築しようというものだ。

 企画財政部の申霽潤(シン・ジェユン)次官補は5日、「5月に韓日中3カ国とASEAN加盟国の財務相が合意したアジア通貨基金を速やかに構成する案を進めている」と述べた。当時、韓日中の3カ国は基金の80%に当たる640億ドルを、ASEANが残り160億ドルを負担することで基本合意に達していた。

申次官補は、「800億ドルを具体的にどのように配分するか、意思決定構造をどのように決定するかなどについては議論しなくてはならないが、ファンド設立を急ぐだけでも金融不安を減らす効果がある」と述べた。

現在、韓日中は通貨危機が発生しないよう自国通貨と引き換えに相手国から外貨を借り入れる方式でドルを共有するチェンマイ・イニシアティブ(CMI)の取り決めを結んでいる。

AMF設立はさらに一歩踏み込み、あらかじめ共同基金を準備し、通貨危機が発生する素地がある国に支援しようという趣旨だ。韓日中3カ国は今月、次官級会議を開き優先討議し、速やかに閣僚級会議も推進する計画だ。

財政経済部の姜万洙(カン・マンス)長官と全光宇(チョン・グァンウ)金融委員長は6日午前、銀行頭取らと緊急会議を行い、ドル不足の状況を点検する一方、中小企業を支援するよう求める予定だ。金融研究院は、「経常収支赤字が短期間に解消する可能性は低く、外国人らの株式投資資金回収の動きも続くものとみられる」と指摘している。

 かつて、韓国は通貨危機に見舞われましたが、現在の韓国は純債務国に転落するなど、再び通貨危機が起こるとか起こらないとか、という見方もあります。
 実際に、韓国金融研究院「経常収支赤字が短期間に解消する可能性は低く、外国人らの株式投資資金回収の動きも続くものとみられる」との見解を示しています。
 
 また、李明博大統領は、「現在、外貨準備高は東アジアが最高だ。3カ国が力を合わせれば金融危機を賢く乗りこえられる」と言いましたが、これは日本と中国の外貨準備高が多いためです。
 大統領の言動をみるに、チェンマイ・イニシアティブ(CMI)をより発展させて早くAMFを設立し、韓国の通貨危機に備えたいという思惑が伝わってきます。
 韓国は、、”3カ国が力を合わせれば金融危機を賢く”乗り越えるとか、「米国発の世界的な金融危機に共同で対処するため」などと体裁のいいことを言っていますが何のことはない、韓国が日本と中国の外貨準備高をアテにしているだけなのです。

 アジア通貨基金構想は、韓国にとっては意義があることでしょうが、日本にとっては全く益にならないと言っても過言ではありません。
 日本固有の領土である竹島を不法占拠して、「どのような犠牲が出ようとも譲歩はない」などとうそぶきながら、一方では、通貨危機回避のために日本に協力を求める。盗人猛々しいとは、まさにこのことです。

 もっとも、朝鮮日報によると、「中国と日本は韓国ほど外貨流動性に問題が生じておらず、両国が韓国政府の要求通りにアジア共同基金の早期創設に同意するかどうかは未知数」であり、誠信女子大の姜錫勲(カン・ソクフン)教授は「政府が先ごろ外国為替平衡基金債券(通称外平債)の発行に失敗したように、もし3カ国が基金創設に合意できなかった場合、韓国政府の信頼が失われ、市場に与える心理的ショックは小さくない」と指摘しています。
 韓国にとって、AMFは国の命運をかけた構想でもありますが、両刃の剣でもあるわけです。当然ながら、韓国が生き残ろうと生き残れまいと、日本は日本の国益に基づいて判断をすればいいのです。
 反日的な態度をとり、苦しい時だけ甘えて恩を知らない国を助けるには、それ相応のインセンティブが不可欠となるのは言うまでもありません。

人気ブログランキングへ

参考・引用:米金融危機:「アジア版IMF」創設構想(下) 朝鮮日報2008/10/06 09:24:05

追記:
 韓国政府は外債構造を明らかにし、韓国の外債は4198億ドルで、そのうち1518億ドルは事実上外債ではないので、流動性に問題がないと発表していますが、逆に韓国経済が厳しい情勢にあるということを端的に証明しているともいえます。
 参考:「返す金額2680億ウォン、受け取る金額4225億ドル…流動性に問題ない」中央日報2008.10.06 17:16:56
posted by つるり at 13:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107726733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

韓国の侵略 3
Excerpt: 李明博韓国大統領  どのような犠牲が出ようとも「譲歩はない」   竹島領有問題「譲歩しない」 韓国・李明博大統領  韓国の李明...
Weblog: 博士の独り言
Tracked: 2008-10-10 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。