2008年10月27日

インド首相は軽視、党務は最優先

印首相との会談欠席 小沢氏「首相じゃないから」と釈明 朝日新聞2008年10月24日19時9分
 民主党の小沢代表は24日の青森市での記者会見で、前日のインド・シン首相との会談を体調不良を理由に欠席したことについて「総理大臣になって首脳会談ということなら、多少体調が悪くても欠席することはない。私、野党だから。総理大臣じゃない。国務大臣でもない。勘違いしないでください」と述べた。

 「総理大臣になって首脳会談ということなら、多少体調が悪くても欠席することはない。」と、総理大臣だったら頑張るけど、野党の党首だから頑張らない、という論理は理解に苦しみます。
 向こうに非があって、韓国や中国のような反日国家首脳との会談をキャンセルするのであればいざ知らず、非がないインドの首脳との会談をキャンセルするのは、いくら体調がすぐれないとはいえ、海外の首脳を馬鹿にした行為で、野党の党首であっても不適切な対応です。

 ところで、何で小沢代表は青森市にいるんだろう?
民主・小沢氏、党務に復帰 時事通信
 民主党の小沢一郎代表は24日午前、羽田発の日航機で出張先の青森市に到着した。同日午後、同市内で党県連幹部らと衆院選への対応を協議した後、記者会見する。小沢氏は23日、体調不良を理由に、インドのシン首相との会談を含むすべての党務日程をキャンセルしていた。(了)
(2008/10/24-12:08)

 アレ? 小沢先生、体調が悪くてインドのシン首相との会談をキャンセルされたのではありませんでしたか。

 外国の首脳との会談をキャンセルするほど体調が芳しくなかったのに、どうして次の日には青森で、選挙をにらんだ党務に邁進されているのでしょう??

 外国の首脳との会談は「体調が悪い」とキャンセルするのに、選挙のためならば「多少体調が悪くても欠席することはない」ということですか
 そういえば、先日の読売朝刊に「選挙の約束は這ってでもでる」とおっしゃられたと載っていました。外国の首脳よりも選挙。そういう方なのでしょう。

 このように無責任で自己本位な人物が総理大臣を目指すとはあきれたものです。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 12:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「昨日(22日)は福岡に行って、選挙の話で夜11時半まで(都内の)事務所にいたから今日は休むってことだ。寝不足も体調不良のうちだ」と、インド側が聞いたら怒り出しそうな説明をする幹部まで現れた。

小沢代表、また体調不良 「首相務まるのか」との指摘も
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081024/stt0810240001000-n2.htm

これひどいですよね。
Posted by 名無し at 2008年10月28日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。