2008年10月28日

世論は「解散」よりも「景気対策」

内閣支持率48%に低下 「選挙より景気」63% 日経世論調査
 日本経済新聞社とテレビ東京が10月24―26日に共同で実施した世論調査で、麻生内閣の支持率は48%となり、内閣発足直後の9月の緊急調査から5ポイント低下した。不支持率は3ポイント上昇し43%だった。景気対策と衆院解散・総選挙のどちらを優先すべきかを聞くと「景気対策」が63%で「解散・総選挙」の29%を大きく引き離した。 (以降略)
(26日 22:01)

 世論は「解散・総選挙」よりも、直近の「景気対策」を優先すべきだというものです。

 昨日、日経平均株価はバブル後の最安値を更新しましたが、これは1982年11月以来の水準だそうです。また、今日の取引で一時7000円を割り込む局面があったそうです。

 金融の混乱はなおも続いており、「解散・総選挙」という政治空白を作っている場合ではありません。
衆院選を当面先送り…首相、APEC出席へ
 麻生首相は、世界的な金融危機への対応を優先するため、「11月18日公示―30日投開票」の日程で準備を進めてきた衆院選を当面先送りする方向で政府・与党内の調整に入った。

 複数の首相周辺や与党幹部が27日、明らかにしたもので、30日にも公明党の太田代表と党首会談を行う。

 緊急市場対策や経済対策の策定に加え、金融問題での国際協調に全力を挙げる考えだ。11月30日の衆院選を前提に留保していた外交日程も、実施に向けて調整を加速するよう外務省に指示した。(以降略)

 妥当な判断だと思います。来年7月の都議会議員選挙の期間と重ならないようにしたい公明党と、解散に息巻く民主党、そして自己都合を政治に強いようとするマスゴミの圧力は相当のものだったでしょうが、もはや状況は「解散・総選挙」を許しません。

 麻生総理には、まず直近の課題に取り組まれることを期待したいと思います。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 12:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
金融危機の大元のアメリカでは選挙真っ最中です。
でも、政治空白などは出来てません。
どんどん対策を実行しています。
日本は全く対策がなってない。
「金融危機だから、解散してる場合じゃない」というのは、自民党の党利党略に過ぎませんよ。
選挙が良いか悪いかは、別に議論があるでしょうが、麻生総理の言い分は、早期解散を避けるための言い訳ですね。
第一次補正予算案の内容をごらんになれば、お分かりになると思います。
Posted by たか at 2008年10月28日 17:21
>たか さん

コメントありがとうございます。

しかしながら、「解散・総選挙」よりも優先すべき事柄であることには変わりありません。

民主党は自民党が総裁選をやっている最中に「政治空白論」を展開しましたが、「解散・総選挙」で次の総理を決定することも、悪いとは申しませんが、民主党の論理でいえば「政治空白」ということになるのではないでしょうか。

米国の件はもともとこの時期の選挙は初めから決まっておりましたので、日本の場合とは異なるでしょう。
また、11月から次の大統領が就任する翌1月まで米国は政治空白だという論者もいたと記憶しております。まぁ、それはともかく、少なくとも選挙期間中は政治空白ができるというのは大方の見方のようです。

たとえば、
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34508420081024
焦点:日経平均がバブル後安値に急接近、金融市場の混乱止まず
2008年 10月 24日 17:41
<大和総研投資戦略部ストラテジスト 土屋貴裕氏>
>11月4日の米大統領選後には米国の政治的な空白もなくなり、全般は下げ止まるとみている。

http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20081005ddn003020022000c.html
毎日新聞 2008年10月5日 大阪朝刊
>危機脱出はスピード勝負で、1カ月後に迫った大統領選前後の政治空白期間を控えて米政府の具体策作りが遅れれば、危機は一段と深刻化する恐れもある。

 というかんじです。まぁ、直接、米大統領選を論評したものではありませんが。
Posted by 管理人 at 2008年10月29日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108724724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。