2008年11月06日

田母神氏の論文に問題はない。

日本は侵略国家であったのかpdf
田母神俊雄

 田母神俊雄航空幕僚長は上記の論文をアパグループの懸賞論文に応募し、この内容が村山談話などの政府見解と異なる、という理由で浜田靖一防衛相から更迭されました。
 防衛省では職員が外部に職務に関する意見を発表する際に、書面による届け出を義務づけていますが、田母神氏は届け出を行っていませんでした。

 確かに、手続き的な不備を批判されるのは致し方ないことですが、しかし、防衛省の情報が論文に載っているわけでもないので処分があったとしてもせいぜい訓告程度のもので、譴責処分でも重すぎるほどです。

 まして、処分の理由は「政府見解に反した意見を表明したから」。なんと田母神氏は自身の意見を表明したために更迭されたのです。政府見解に反する意見であってもそれを表明することに制約を受けるべきではないでしょう。
 政府見解と異なる意見を持ち、それを表明したら更迭される。これではまさに「個の圧殺」です。田母神俊雄前航空幕僚長が3日行った記者会見で「政府見解に一言も反論できないなら、北朝鮮と同じだ」と述べられたとおり、これがまかり通れば日本は北朝鮮並みに言論の自由がない国家に落ちてしまいます。

 しかし、いくら北朝鮮でも、自国を一方的に貶める見解を防衛を担う幹部に強要することはありません。我が国が北朝鮮にも劣る情けない国家に落ちるようなことはあってはならないことです。

 防衛省には猛省していただかなければなりません。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国防・外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109176227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。