2008年11月09日

タミフル服用で怪我は増えない

タミフル服用で飲まなかった場合に比べ、けが増えず
10代の患者調査
 インフルエンザ治療薬タミフルを服用した子供が異常行動により死傷した問題で、国立保健医療科学院の研究グループは、タミフルを飲んだ、10歳代のインフルエンザ患者の方が、タミフルを飲まなかった患者よりも、受診後3日以内にけがをする頻度が低かったとする研究成果をまとめた。

 七つの健康保険組合(被保険者数延べ約88万人)の診療報酬明細書(レセプト)を分析した成果で、東京都内で開催中の日本薬剤疫学会で8日、発表した。

 研究グループでは、「タミフルを飲まなかった子供は症状が重く、高熱によるめまいやふらつき、異常行動などが起き、けがをする頻度が高いのではないか」とみている。

 岡本悦司・同院室長によると、2003年から07年にかけて、七つの健康保険組合を調査。その結果、インフルエンザで診療を受けた10歳代の患者は2万7004人いた。

 タミフルを処方されなかった患者は1万5177人で、受診後3日以内に17人がけがをしており、けがの発生頻度は0・112%だった。タミフルを処方された患者は1万1827人で、6人がけがをしていた。けがの発生頻度は0・051%で、処方されなかった子供の約半分だった。

(2008年11月9日 読売新聞)

 昨年の3月頃に、インフルエンザ治療薬タミフルを服用した子供が異常行動により死傷した問題で、マスコミはタミフルがあたかも危険な薬のように騒ぎました。

 ところが、インフルエンザはそもそも高熱による異常行動が起こる病気(すべてではないが時折)であります。タミフルを服用しようとしまいとインフルエンザであることには変わりないのですから、当然のことながら、インフルエンザの高熱による異常行動である可能性も視野に入れなければならなかったはずです。

 上記の調査では、タミフルを処方されなかった患者が受診3日以内にけがをしたけがの発生頻度は0・112%でこれに対し、タミフルを処方された患者のそれは、0・051%で、少なくとも、この結果からマスコミが喧伝していた「タミフルを服用した子供が異常行動により死傷する」という”仮説”は裏付けられなかったといえます。

 マスコミの”科学”はアテにできません。少なくともマスコミにはそう自覚する謙虚さを持っていただきたいものです。

人気ブログランキングへ

関連記事
タミフルについて
続:タミフルについて
インフルエンザで異常行動が起きる証左。
posted by つるり at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・経済・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザウイルスは 主に呼吸器( 気管支や肺 )に炎症を起こすが まれに脳脊髄系にも炎症を起こす事があるそうです。

タミフルとリレンザという 非常に有効な抗ウイルス剤が 発売され 重篤なインフルエンザ感染に対して初めて本格的な治療が可能になった訳ですが 2〜3年ほど前の タミフル服用後の異常行動・・・といった過剰な報道のため 現場では今もって 誤解が横行しています。

何回か新聞などに ごく小さく囲み記事がでて 本ブログでご指摘のように タミフル服用群と 非服用群では 異常行動に大差が無かったどころか 非服用群の方に 異常行動は多く見られた・・・と報告されてはいましたが 一時のヒステリックな報道に比べて ごく小さな報道で 一般の人 及び医療関係者の誤解さえ解かれてはいません。

異常行動はタミフルによる副作用ではなく ウイルスの脳炎症状だった訳ですが 誤解は解けてはいません。

マスコミは一方的な報道のみを センセーショナルにして 後始末は知らん顔です。

インフルエンザは 大部分は ちょっと熱と咳、 節々の痛みなどが出て数日休めば治るだけですが ごく一部の人はひどい肺炎で重篤になります。 タミフル・リレンザ発売以前は 解熱剤・咳止めと 2次感染予防の意味での インフルエンザウイルスに対しては 全く無効の抗生剤などで 治療するしかありませんでした。非常に有効な薬なのです。勿論 掛らない様に予防接種が一番ですが 予想された型と違った流行が起きた場合 タミフル・リレンザによる治療しかありません。


鳥インフルエンザにも おそらく有効なはずで 予想される大流行に備える意味で 全国民に行き渡るだけの 備蓄が必要と思われます。鳥インフルエンザに対するワクチンも準備しているそうですが 全国民の1〜2割にしか 行き渡らないでしょう。
Posted by ポチ・たま at 2008年11月09日 15:21
>ポチ・たまさん

 コメントありがとうございます。

 いつもながら、マスコミの報道はバイアスがかっていて、うっかりすると、事実でないことを事実と信じて疑わないということにもなりかねません。

 マスコミにはもう少し責任感を持っていただきたいものです。
Posted by 管理人 at 2008年11月10日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。