2008年11月27日

総理の発言を「歪曲」したマスコミ。

経済財政諮問会議 第25回会議(平成20年11月20日)PDF 11頁
(麻生議長) 67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる。彼らは、学生時代はとても元気だったが、今になるとこちらの方がはるかに医療費がかかってない。それは毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。 病院をやっているから言うわけではないが、よく院長が言うのは、「今日ここに来ている患者は 600人ぐらい座っていると思うが、この人たちはここに来るのにタクシーで来ている。あの人はどこどこに住んでいる」と。みんな知っているわけである。あの人は、ここまで歩いて来られるはずである。歩いてくれたら、2週間したら病院に来る必要はないというわけである。その話は、最初に医療に関して不思議に思ったことであった。 それからかれこれ 30年ぐらい経つが、同じ疑問が残ったままなので、何かまじめにやっている者は、その分だけ医療費が少なくて済んでいることは確かだが、何かやる気にさせる方法がないだろうかと思う。

 総理の発言は、上記のとおり”努力して病気にならなかった人”の支払った保険料が”自己管理をしないで病気になった人”の医療のために使われると、努力して病気にならなかった人は不満をもつ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。というわけです。

 言葉は確かに悪いのかもしれませんが(笑)、要は”疾病予防”に比重を置くべきだと言っているそれだけのことです。
 まさか、言葉狩りに熱狂するような阿呆はいないでしょうが(棒読み)あえて取り上げます。

 さて、この記事を悪意をもって捻じ曲げようと考えている者がいたとします。
 今回は、趣向を変えて、その人物がどういう志向経路をたどるか考えてみたいと思います。
へぇ、こういう議事要旨だったのか、確かに、「私の方が税金は払っている。たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。」と言っている。よし、総理は疾病予防が大事だと発言したでは面白くないから、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。」を強調して”高齢者の医療費増大の原因は患者側にあると受け取れる発言”と書いてやろう。
んでもって、この直後に続く「だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブがないといけない。予防するとごそっと減る。」を無かったことにして、 ”「何もしない人」の医療費は負担できないと語った”と書いてやろう♪
あるいは、”首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘”なーんて書けば、首相が年寄りをバカにしているという感じが出ていいじゃないか♪次に、”「こちらの方がはるかに医療費がかかってない。毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」”と書けば、おれはおまいらと違って健康に気を使ってるんだぞ、税金もおまいらよりも払っているし、おまいらと違って節約に貢献しているぞ、という趣をかもし出せていいではないか☆☆
病気でない人の税金(保険料)が病気の人のためにより多く使われるなんて書くと、真面目すぎてつまらん。”理不尽さを訴えた”と書けば、なんと身勝手なむかっ(怒り)、とB層の国民を扇動できるぞぃグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
んで、冒頭に書いたから「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」はすっ飛ばして
最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」”と付けて、”疾病予防”に比重を置くべきだという趣旨がわからなくなるので完成だ♪

以上、マスゴーミっち目exclamation×2の「歪曲ニュースの作り方♪」ですた☆☆
(注:上記部分はフィクションであり、実在する人物・団体とは一切関係ありません)

人気ブログランキングへ
なお、上記のフィクションの参考文献は以下のとおり(棒読み)
麻生首相:高齢者医療費「何もしない人の分なぜ払う」
 麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡り「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日公開された議事要旨で分かった。高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。

 首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘。「こちらの方がはるかに医療費がかかってない。毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」と述べ、理不尽さを訴えた。

 最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」と語った。
毎日新聞 2008年11月27日 1時23分

「何もしない人の分なぜ負担」=高齢者医療費で発言−首相 時事通信 
 「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の金(医療費)を何で私が払うんだ」。麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、高齢者の医療費増大の原因は患者側にあると受け取れる発言をしていたことが、26日に公開された議事録で明らかになった。
 20日の諮問会議は社会保障や税財政改革をテーマに議論した。首相は「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼして、医者にやたらかかっている者がいる」と指摘。「彼らは学生時代は元気だったが、今はこっちの方がはるかに医療費がかかっていない。それは毎朝歩いたりしているからだ。私の方が税金は払っている」とし、「何もしない人」の医療費は負担できないと語った。
 医療費膨張に歯止めを掛けるため、健康維持や疾病予防の努力を高齢者に促す狙いからの発言とみられるが、関係者の反発を呼びそうだ。(2008/11/27-00:33)

 どんな読解力を兼ね備えたら、こんな記事が書けるのでしょう?不思議でなりません。

 マスゴミの揚げ足取り、というか言葉狩りというか、趣旨を意図的に捻じ曲げる報道にはうんざりします。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110301552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。