2008年12月21日

テレビ局という「格差社会」

肥留間正明の芸能斜め斬り 自殺者まで出たテレビ局下請け残酷物語
2008年12月20日(土)15時0分配信 内外タイムス
 今から2カ月前のことだった。テレビ制作会社の友人から連絡が入った。「友人の制作会社社長が自殺したんだよ。葬儀に行ってきたけど、死ぬことはなかったと思うよ。借金は5000万円前後らしい。自殺の前日に弁護士さんと会って、自己破産の手続きをする話をしていたらしい。家族にも明るく話していたようだけど、結局、首をつったようだ。家なんか手放せばよかったのに…」
(略)
 数年前までのテレビ局の金の使い方はハンパではなかった。番組宣伝部員でさえ1日の接待費が5万円。年間1500万円もの経費を使い、肩で風を切って歩いていた。ところが、今やその面影は全くなく、経費節約の号令は徹底している。「テレビは新聞と同じで、もはやオールドメディアになってきている」とテレビ局幹部が自虐的に見ているほどだから、当然、削られるのは制作費。下請けの制作会社にそのしわ寄せは来て、ついに自殺者まで生み出したというわけだ。
(略)
 本体のテレビ局の若手社員の給料体系は、古参とは別に新しい給与体系に切り替えられ、古参社員の半分に抑えられている。いまでは若手のテレビ局員の給料は、世間並みになったという。それより悲惨な年収200万円の下請け制作会社社員がテレビを支えているのが実情で、格差社会の最たる世界がテレビ局なのだ。その格差社会を批判しているのが、一回の出演料20万円以上を稼ぐ顔なじみのコメンテーターたち。下請け会社社員の前で語っていることを忘れてはならない。

 日頃は感情の赴くままにコメントをするコメンテーター。彼らは日常的にテレビで見ますが、彼らの出演料は1回20万円以上。
 また、みのもんたや古舘伊知郎といった報道風のバラエティ番組の司会者のギャラは一回300万円以上とも言われています(以前、SAPIOの記事にありました)。

 特に、知識がなくても、テレビで顔が売れれば労することなく報酬を得られるのですから大したものです。

 しかし一方では、テレビ局の経費削減の流れで、制作費は削られ、とある制作会社の社長は自殺に追い込まれました。
 そんな業界で、しわ寄せを受けないで労せず報酬を得ている人たち(今のところ)が「格差社会の批判」をするのですから、可笑しいものです。何かの冗談でしょうか。
 
 彼らはよく、政治家は庶民の気持ちや生活がわからない、などと主張しますが(もっとも、国家国民の利益を大局的見地から守るのが政治家の役割だと思いますが)、そもそもテレビのコメンテーターを”しのぎ”にしている人たちが庶民であるはずがなく、主張している人たち自身が一番分かっていない(少なくとも、政治家という”公人”は選挙で選ばれる)のではないでしょうか。
 身近な人の気持ちや生活をわからず、問題意識もないのに、直接かかわりのない視聴者という庶民の気持ちや生活がわかるはずがないでしょう。

 まずは、「身近な格差」を解消してから格差社会を批判してはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへ
posted by つるり at 04:00| Comment(1) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以下の文をコピペして拡散して下さい!!!
   ↓
「【潰せ!】 反日サヨクが名古屋で南京虐殺記念館の資料を借り受け展示しようと画策!

このトンデモな反日売国な催しに参加している
 愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団<ぞうれっしゃ関係>略年表
に、
 愛知教職員合唱団として、設立
と明記されている。

つ ま り、
 この反日売国の催しを画策している輩の一員に日教組が絡んでいる。

名古屋市の後援で開催が予定されているこの催しの正体は、共産革命を目論んでいる反日極左による日本という国の破壊を目的としたもの
である!

この様な催しの開催はなんとしても阻止しなければならない!


 【呼びかけ人・賛同者】
・天野鎮雄 http://www.gekiza.com/member/shizuo_amano.html
・名古屋市職員労働組合 http://www.758ssk.jp/
・やそすけ http://yasosuke.net/
・エフシー・テック(株) http://www.fctec.co.jp/
・富士ツーリスト http://www.fujitourist.co.jp/
・日中友好協会愛知県連合会 http://www.nittyu-aichi.jp/
・堀田さちこ http://www12.ocn.ne.jp/~sohyagi/hotta.html 
    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
売国奴のコイツらに抗議のメール・電話・FAXをどんどん入れましょう!
特に、名古屋市職員労働組合への抗議は有効かと思われます。


http://soumoukukki.at.webry.info/200812/article_3.html
Posted by at 2008年12月21日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111478939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。