2007年02月19日

エセ同和行為

同和書籍事件の政治団体、代表は元社会党副委員長 産経新聞

 同和問題などに関する高額書籍の購入を強要したとする恐喝事件で、書籍販売会社社長、李一雄容疑者(63)=恐喝容疑で逮捕=らが名前を使っていた政治団体の代表は、社会党副委員長を務めた和田静夫元衆院議員(80)だったことが19日、広島県警の調べで分かった。

 県警は東京都武蔵野市にある和田元議員の自宅を家宅捜索、押収した資料などから関与を調べている。調べに対し、和田元議員は政治団体の代表だったことは認めたが「活動内容については全く知らない」と関与を否定したという。

 調べでは、李容疑者らは「全国同和人権促進会」(大阪市)や「政治経済新改革連合会」(埼玉県ふじみ野市)の名前で企業や団体に電話をかけ、同和問題や北方領土に関する書籍を5万円前後で売っていた。被害額は約18億円とみられている。2団体とも代表はこの元議員で、昨年12月に解散している。

 元議員は昭和43年に社会党から参院議員に当選し3期務めた後、平成2年からは旧埼玉1区で衆院議員を1期務めた。5年には社会党副委員長だった。


 元社会党副委員長の言い訳ですが、政治団体の代表である以上「活動内容については全く知らない」では済まされません。仮に自民党の議員の政治団体がこういう不祥事を起こした場合、野党は徹底追及します。上記のような言い訳をしたら「そんな言い訳通じない」と仰ることでしょう。社会党(現:民主党+社民党)の元議員らしくない発言です。
 エセ同和行為は右翼団体がやるものと言う認識があったと思います。今回の元社会党副委員長が関わっていたとは驚きではありますが、同時にやりかねないなとも思うのであります。
 社会党は部落解放同盟と関係が深かったのですが、社会党が解放同盟を裏切った形になりました。身内の中からエセ同和行為が発覚した飛鳥会の例は記憶に新しいですね。旧社会党は身内に等しい存在です。解放同盟にはエセ同和を生む培土があるのではとの疑いも生じるわけです。
 それに、「北方領土に関する書籍」って何ですか?おそらく、北方領土はロシアのものとか主張しているのでしょうが、右翼団体が書籍を売りつけたと間違えた人も多かったと思います。人の迷惑も考えてください。
 ところで、集めた資金はどうなったのでしょうか。まさか、北朝鮮に渡って・・・とも考えてしまいます。
 捜査当局にはカネの流れもしっかり追及していただきたいとこのように思います。

 人気ブログランキング←支援お願いします。

 



【関連する記事】
posted by つるり at 15:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 同和関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34119774

この記事へのトラックバック

同和中毒都市
Excerpt: 2002年3月末をもって1966年以来33年続いた国の同和対策事業特別法体制が終焉した。特別法体制とは「同和問題の解決は国民的課題であり、国の責務である」と位置づけ、国が予算をつけて地方自治体に同和地..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2012-03-12 21:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。