2007年02月28日

「君が代」伴奏命令は合憲です。

すばらしい判例が出来ました。
「君が代」伴奏命令は合憲 最高裁が初判断 教諭の敗訴確定 産経新聞
 東京都日野市立小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏を拒否して戒告処分を受けた音楽教諭の女性(53)が、「校長の職務命令(伴奏指示)は思想、良心の自由を侵害するもので憲法違反」として処分取り消しを求めた行政訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。那須弘平裁判長は職務命令について「思想および良心の自由を定めた憲法19条に反するとはいえない」との初判断を示した上で女性教諭側の上告を棄却した。女性教諭の訴えを退けた2審・東京高裁判決が確定した。

 1審・東京地裁と2審の判決などによると、女性教諭は平成11年4月、入学式で校長から「君が代」のピアノ伴奏を指示されたが拒否。東京都教育委員会は同年6月、地方公務員法違反(職務命令違反、信用失墜行為)に該当するとして戒告処分とした。(中略)

 さらに「入学式等において音楽専科の教諭によるピアノ伴奏で国歌斉唱を行うことは、学習指導要領などの趣旨にかなうものであり、本件職務命令はその目的および内容において不合理であるとはいえない」とした。(後略)


 小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏命令を拒否して懲戒処分を受けた音楽教諭が「職務命令(伴奏指示)は思想、良心の自由を侵害するもので憲法違反」と裁判を起こしていましたが、敗訴が確定しました。これで、判例が出来たのですから、同様の裁判を起こしている連中も敗訴が確定したも同然です。
 学習指導要領は法律と同じですから、この教諭は法律を破ったことになります。判例がでたのを契機として、教育委員会には「君が代」伴奏拒否や不起立には懲戒解雇処分を適用していただきたいと思います。
 さて、いつものことですが、「職務命令は思想良心の自由を侵害する」という主張には呆れてしまいます。職務命令が違憲だったら、日本中の会社・団体は潰れてしまいます。
 こういう常識の欠片も無いような教員は淘汰されなければなりません。

人気ブログランキング←支援お願いします。
posted by つるり at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。