2007年03月23日

タミフルについて

インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り 
 西日本で先週末、インフルエンザにかかった男子(14)が、自宅2階から飛び降り、足を骨折していたことがわかった。タミフルは服用していなかった。
 主治医によると、この男子は15日、38度の熱があり、翌日いったん熱が下がったものの、17日未明に自宅2階から飛び降りたとみられ、玄関先で倒れているところを発見された。

 病院搬送時に熱があり、検査でB型インフルエンザに感染していたことがわかった。男子は「夢の中で何かに追われ、飛び降りた」と話しているという。

 タミフル服用後の「飛び降り」事例が相次ぎ、薬との因果関係が疑われているが、服用していない患者の飛び降り例はこれまであまり報告がないという。このケースは来月、厚労省研究班会議で報告される予定。

 インフルエンザの高熱によって幻覚や異常行動が起きることは知られている。薗部友良・日本赤十字社医療センター小児科部長は「全国の医療機関に報告を求め、薬の影響の有無を解明するべきではないか」と話す。

(2007年3月23日3時1分 読売新聞)


 実は、私もインフルエンザで寝込んでました。16日頃のことです。しかも、この少年と同じB型のインフルエンザでした。
 この事故のこともあってか、通常は5日分飲むところを3日分に減らして処方されました。
 さて、インフルエンザ治療薬のタミフル服用で高い所から転落して死亡する事故が取り沙汰されています。タミフル服用後の飛び降り・転落の報告は15件と厚労省が発表したそうです。
 NPO法人「医薬ビジランスセンター」の浜六郎医師は「服用後の突然死は、これまでもメーカーから国に報告されている。今回の報告例は、タミフルとの関連性は否定できない」と語っています。
 ただ、インフルエンザはもともと、突然死や異常言動、興奮、幻覚などの症状が報告されており、転落死などがタミフルの副作用との区別は難しいわけです。
 ウィキペディアによると「タミフルは2001年2月の日本国内発売以来、のべ約3500万人が処方された。服用後の死亡が報告されたのは54人(2006年まで)。転落などの異常行動で亡くなったのは2007年2月28日までで5人となる。5人の死亡時の年齢は12〜17歳」(要旨)と記載されている。なお、死亡例54例には、直接タミフルと因果関係の無い、肺炎やぜんそく、腎機能障害など、インフルエンザとは無関係の併発疾患が死因とされた死亡例も含まれる。」
 中外製薬などによると、タミフルは毎年約1200万人分が流通し、例年400万人分が使用されずに残る。つまり年間延べ800万人がタミフルを使用しているとのことです。
 また、どうして、日本での死亡例が多いかというと、日本のタミフル使用量は世界で最も多いからです。2003年1月〜3月にかけては、世界の使用量の約7割を占めていたそうです。
 タミフルは年間800万の人が使用する薬です。そのうち、飛び降り・転落の報告は15例に過ぎません(しかも年間ではない)。亡くなられた方、怪我をされた方は本当にお気の毒です。しかし、これがタミフルの副作用によるものであるとは15例だけではそうは言い切れないのです。マスコミは「タミフルが原因だ。間違いない」という報道ですが、どれほどの検証がなされたのでしょうか。そもそも、インフルエンザ自体、高熱によって幻覚や異常行動が起きることがある病気なのです。
 厚労省のインフルエンザ脳症研究班長を務める森島恒雄・岡山大教授は「副作用への恐怖が先走ってはいけない。乳幼児のインフルエンザは症状が重くなるため、タミフルを使うべきだ。ただ、今回の報告は、安易な使用を考え直す意味で一石を投じた。すべての年齢で一律に投薬していいのか、改めて学会レベルで考える必要がある」と話されています。
 単に、副作用を恐れるのではなく、タミフルの処方のあり方やインフルエンザという病気に就いての研究が深められていくことを望みます。

人気ブログランキング←支援お願いします。

参考:
 [解説]タミフル服用後に死亡例 読売新聞 オセルタミビル(ウィキペディア)
posted by つるり at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36653524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。